2009年09月30日

捏造先生からのお知らせ

捏造先生はただいま休暇をいただいております。
 
posted by 編集部 at 00:00| Comment(0) | 捏造先生(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

エッセー音型 vol.3「サウンドスケベ」

第三回目です。

 仏の顔も三度まで、と言います。そろそろ、読んでくださる方のお顔を想像すると逃げてしまいたい気持ちになる次第です。
 「いい加減にしてください」と思う方、「毎回、白い目で読ませていただいてます」という方は、是非、下記の宛先までハゲ増し(ストレスで)のお便りをどうぞよろしくお願いします。(嘘です)
 最近ダイエットのために、筋トレしたり、ランニング状態で足を止めたりなどしているわけですが、やはりランニング中なども音楽を携帯して聴いてしまいます。仕方ありません。音楽、好きです。
 ランニング時は少しアップテンポな曲を選んだりするわけですが、やはり、音楽をよく聴く方はシチュエーションや自分の気分に合わせた音楽選びってものをすると思うんです。
 というわけで、今回は「自分に合わせる音楽選び」というテーマでお届けします。

 音楽には、各々、それを聴いて浮かぶ像というのがあります。
 それは平面の正方形かも知れませんし、ダリの絵画のような、一種の現実を突き詰めたような不思議な世界かもしれません、いつか歩いた風景を想う方もいれば、単なるスペクトラムアナライザーの動きを思い浮かべる方もいると思います。
 また、サウンドスケープの観点から言えば、音に対する環境というのも、重要な要素でしょう。
 自分が以前乗っていた車ではオーディオがカセットテープで、家で録音した私的ベスト盤を車の中で聴いていたわけですが、その車、車内の吸音が悪く、音が非常に反射しやすいんですね。特に、Yo La Tengoの「Today is the Day」なんて曲を聴いてる時は、音は反射するわ、定在波になるわ、車のどっかのパーツの共振周波数になるわで、ある意味ヒドい環境なのですが、逆にそれがドローンノイズっぽく聞こえたり、音が空間を埋め尽くす感じが素敵だったりして逆に好きだったわけです。
 そんな経験があるので、音楽を聴く環境がハイファイであればあるほど良いとは思いません。創作者の意図には近くなるのでしょうが、押し付けられる理由はありません。受け取り方は自由なので、色んな環境で聴いてみて合うものを選ぶ事が大事に思えます。
 さて、先述の「Today is the Day」ですが、自分はこの曲、梅雨にもっともに合う曲として聴いています。人によっては夏の終わりという意見もよく聞きますし、雪の日に聴いても面白いかも知れません。
Whereabouts 季節に合う曲やアルバムというのはやはりあるもので、この時期だとRon SexsmithのWhereaboutsなんかがジャケットからすごく秋らしくて、何度も聴いてしまいます。
 とは言え、それもこれも気分が盛り下がってるときに聴くと、ただ沈鬱な気分になるだけ、という面もありまして、気分が落ちてる時はもっと、重かったり激しい曲が身体に合ったりする日もありますね。どうしても一つの作品だけじゃ、全ての気分をカバー出来ないように思いますし、本気で素敵な気分になれるアルバムに出会うのはなかなか簡単なものでもありません。
 男女や人間関係もそうでしょうが、出会う事を恐れずに色々な音楽に手を出してゆくことが、自分に合った音楽を見つける良い手段だと思います。
 時期もちょうどよく、「芸術の秋」でございます。いっそ中古レコード店でも良いと思いますので、全く興味のないジャンルや、ジャケットだけ気に入ったようなアルバムを手に取ってみても良いかも知れませんね。

 なんだか、今回は説教臭い気がしますが、たまにはいいですよね?
 え、仏の顔もスリーアウトですか。ひぃ、すいません!
 ではでは、遠く、時の輪の接する処で、また逢いましょう。(この挨拶気に入りました)

author:ソニドリ


 
posted by 編集部 at 00:00| Comment(0) | エッセー音型(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

る印良品 3品目「ゲーム考察売り場まで1500km」

こんばんわ、みなさま。
「る印良品」3回目の営業を始めさせて頂きます。

みかんぱさんは言いました「好き」を共有したいと。
そこで僕の「好きなモノ」とは一体何なのか考えてみました。
インターネットはもとより、音楽は大好きですし、漫画や小説も結構読みます。アニメや映画も見ますし、写真や映画を撮影したりもします。
また、そこまで得意とは言えませんがデザインやPCを使った作業も好きな部類に入ります。
優柔不断な僕は好きなモノすら優柔不断ですね。

その中で、自分でも胸を張って大好きだと言えるのは恐らくゲームでしょう。
アナログデジタル問わず様々なゲームが好きです。

ゲームをプレイする事も、もちろん好きなのですが
とりわけゲームを作っている方々や創り出したシステムなどが素晴らしいと思うのです。

ゲームは人を楽しませるために、労力や技術を惜しまない方達が作り上げた、最高峰のメディアだと思います。

そのゲーム好きが高じて、卒研もゲーム関係をやろうと頑張っているのですが、なかなかそううまくはいきませんね・・・。


ところで
ゲームは子どもの娯楽だと思っているそこのあなた、ちょっと考えて見ましょう。

例えば音楽も娯楽だと思います。無くたって生きていける。気晴らしや時間潰しの為に消費するメディアです。
けどとても多くの人々は日常的に音楽には触れています。
BGM程度に流して歌詞や楽曲の表面だけを受け取るだけの人もいれば
この歌詞はこんな事を暗示しているのではないか、またはこのフレーズはあの楽曲のモチーフではないかと考える人もいます。
また映画だって、単なる娯楽映画でも、実は社会を風刺していて、それに気付く人と気付かない人がいたりします。

これがゲームにも十分当てはまるのです。
ゲームにもメッセージは込められているし、当然作った人たちがいる。
ゲームで遊ぶ事に夢中になってしまって、その後ろまで考えが及ばない人が多い傾向にあるような気がしています。
そこをどうにかしたいなーと考えているのが今の僕だったりします。

少し知っている、少し気にする、少し考える。
それだけで得られる情報量や経験は段違いになると思うのです。
様々なメディアから莫大な量の情報が流入してしまっている。
それだけに一杯一杯になってしまうのが今の世の中なのかなと思います。

僕ももっと情報に流されず、吟味して広く深く知識を広げて行けたら良いなと思っています。


一応専門分野であるはずなのに、物凄くあやふやで曖昧な文章になってしまうあたりまだまだ勉強が足りないな・・・。
と、至らなさに嘆いた所で今回のコラムは終了させて頂きます。ありがとうございました。


圧倒的に根拠と客観的視点が足りない「る印良品」でした

author:るしーる


 
posted by 編集部 at 00:00| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

あの1、この1からのお知らせ

あのですね、ナタデココ食べようとしたらシロップこぼしたんですよ、シロップ。
そしたらそれがなんか吐しゃ物みたいなかほりを周囲にまき散らしだしたのでお休みです。はい。
 
posted by 編集部 at 00:00| Comment(0) | あの1枚、この1節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

居場所は自分でつくるものだって誰かが言ってた

WZスタート時のグダグダはいくら「ゆるゆるとやっていこう」を掲げていたとはいえ目に余るもので、自分のダメっぷりに怒りを通り越して笑ってしまった。
何のことか分からない方のために解説しておくと、メンバーはちゃんと締め切りに間に合うように記事を送ってくれていたのに僕が全く予定通りのアップができなかったのだ。ほんと、ごめんなさい。
日付変わる前に帰ってこれるだろうと無根拠に思った時間感覚の無さと、体力のなさ。かっこわるい大人になっちまったもんだぜ…。
 
当然、2回目の更新には対策を立てましてですね「予約投稿」の機能を使ってやろうと、ええ。
まあ当たり前のようにちゃんと動いてくれなかった(たぶん僕のミスなんだろうけど…)のでまたグズグズに…。はあ。

さらによく考えたら1回目のとき編集後記載せ忘れてるじゃないの。
もうね、お前は一体どれだけ余裕がないのかと。
まあ3回目からはもう少しシャキっとしますよ。はい。


反省はこの辺にして、ホントは1回目の時に話そうと思っていた「なぜそんな死にかけの状態でこんな無茶な企画を立ち上げたのか」を書きましょうかね。

理由は2つあって。1個目はカンタンな話。「死にかけだから」ですよ。
話し出すと長くなるので簡潔に。要は「仕事以外のことを考える時間」を強制的にでも作り出したかった、ということ。
いやね、悔しかったんだよ。大学の時に入れ込んでいた、あるいは時間を贅沢に使っていたようなことを、「はいおしまい」と奥の方に押し込めちゃってたことが。
でも一人じゃそういうの引っ張り出すのむつかしいから。どうせならみんなでやろうよ、と。
 
もう1つはちょびっとだけ複雑(でもないか)。
ちょっと前まで1年以上にわたって某つぶやきサービスでつぶやいていたんだけれども、働き始めてから全然見られなくなっていた。
そしてたまーにのぞけた時の「もうここには僕の居場所がないなあ」というあの感覚。穏やかに言えばそんな感じだが、まあ腹の立つこと、嫌だと思うことがその場に対して増えていたということ。

つまり「あわなくなっていた」のだ。

ただ、あの場っていうのは自分で観測範囲を設定できる。だから、僕もとりあえず「画面の向こうに人がいる」をいったん忘れることにして、いろいろな試行錯誤をした。

そしたらやっぱりそれ自体も負担だったの。だから結局「向いてなかった」んでしょうね。やれやれ。

誤解のなきように一言付け加えておくと、仲良くしてくれた人たちが嫌いになったわけではもちろんない。今でも大好きだし「遊ぼうよ!」なんて声掛けられたら(時間が許せば)尻尾を振ってついていく。
でも、どうしてもあの「場」が嫌で嫌でしかたがなかった。だからアカウントを消そうと思った。あそこからもう撤退しようと。

ただ、ここでもひんまがった性根が顔を出して「嫌なものに自分から首突っ込んでおいて勝手に不満募らせて撤退の滑稽さたるやなんと情けなきことか!」みたいな感じになって「どうせなら自分が楽しむ方向で活用してから散りたいわ!」とこういうわけ。で、立ち上げに至るのね。

もともと昔やってたニュースサイトにしても今回のTwiなんとかにしても「自分の好きを発信することと同時に誰かの好きにも触れたい!」というのが根底にあったわけだから、それが継続できるWZという場をセッティングできて本当にうれしい。ゆるゆるな声掛けに集まってくれたメンバーにも心から感謝している。本当に、人に恵まれた。

で、アカウントを消した。うーん、すっきり。


ここの理想は隔週で更新しているものを、あとメンバーを5、6人くらい集めて毎日お送りできるかたちにすることだ。
そして同じテーマについて寄稿してもらってその違いを楽しむということもやってみたい。
というわけで、まだ書き手を募集してますからね。もうTwiなんとかはやめてしまったが、連絡用のアカウントだけは残してあるので@かなんか飛ばしてくれるか、まあこの記事にでもコメントくださいな。
確か僕のTLにはロックキッズがちらほらいて、本好きもたくさんいて、小物とかWeb系とか、なーんかいろんなフィールドの人がいたような気がするんだよねえ。
まだまだカラフルにしていきたいです。よろしく。

それからそれから、肝心の今週号の件ですよ。
日曜に僕が「音楽遍歴なんか振り返ってなれるか!」とブチ上げたら翌日るしーるくんが遍歴振り返ってて、かと思えばソニドリさんが未来の話をしてて、さらにさらに日曜に話題に出した椎名女史の名がせんじくんの記事に出てたりで、まあかっちりした打ち合わせを行っていないが故の面白さがぽろっと出てて僕は楽しくてしょうがなかったですね。

あなたにとって今回の更新はどうだったでしょうか。同じように楽しんでくれていて、心のどこかで、WZの更新を楽しみにしてくれていたらこれ幸いです。


P.S.
さて、どの記事に最初にスターがつくかな、どの記事に最初にブクマがつくかなとか考えていたら、流石せんじくんです。
書き手の皆さん、どんどん自分のTLで宣伝してくださいね。

「嫌い」にとらわれない、「好き」が日々を満たしていくような、そんな大きな潮流が一人でも多くの人の中にできあがりますように。
もし、この企画に大仰な意味をつけるとするならば、そんなところですかね。
 

author:みかんぱ

posted by 編集部 at 00:00| Comment(0) | 首謀者の手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

きむらの脳内 からのお知らせ

今号はみかんぱがきむらと話すほどの体力がないのでお休みです。
 
posted by 編集部 at 00:00| Comment(0) | きむらの脳内(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

矯正視力2.0からのおしらせ

今号は休載!
 
posted by 編集部 at 00:00| Comment(0) | 矯正視力2.0(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。