2009年12月22日

エッセー音型 vol.5「DAIGO」

第五回です。
でっかい誤解でもなければ「ウィッシュ」言ってるタレント兼ミュージシャンのアノ人が登場する回でもなウイッシュ!

さて、街中では「うぃーうぃっしゅゆーあめりくりすます」が流れたり、山下達郎の名曲が流れたり、CMではその奥さんの曲なんかがチキンだか七面鳥の葬送行進曲として流れています。やっぱり騒がしさと穏やかさと、どことなく終わりのようなものを感じて、胸の一部が切なくなる気持ちになる、そんなクリスマスソングたち。
自分だったら、やはり欧米の人たちが家の中で家族や友人と聴いてそうな、少しだけ神聖で、少しだけ高揚感があって、少しだけ距離の近さを感じるようなクリスマスソングが好きです。
というわけで今回は趣を変え、個人的にオススメのクリスマスソングを紹介しようかと思います。

やはり、一曲目におすすめしてしまうのはJohn Lennon & Yoko Onoの名曲「Happy Chritmas(War is Over)」
独特の包容力とか優しさを持った曲です。コーラスも壮大でゴスペル的ではありますが人の手触りや温かみがあって、やはり聴き手の傍に寄り添うような曲だと思います。

次におすすめするのがThe Beach Boysの発表したクリスマスアルバムから「We Three Kings of Orient Are」
この曲は賛美歌の定番曲で、キリスト降誕の際あらわれた東方の三賢者に関する歌だそうです。ちょうどこのクリスマスアルバムの制作された時期がThe Beach Boysにとっての転換期にあたる感じで、前半と後半でかなり趣の違うアルバムなんですが、こちらが収録された後半はセッションミュージシャンを多数呼び音楽的な広がりが生まれています。その広がりとビーチボーイズらしい美しいコーラスワークが、とてもよくはまっていて、聴いてて惚れ惚れするような内容です。「We Three Kings〜」から楽しげなクリスマス定番曲「サンタが街にやってくる」へ繋がっていく曲の流れも実に素敵です。というわけで、このアルバムはアルバム全体でおすすめだったりします。

続きまして賛美歌の流れではムーディ・ブルースの「What Child is This」なんかも素敵な曲です。この曲はグリーンスリーブスでもある曲なのですが、賛美歌用に歌詞が変えられている曲です。ただ、こちらは今だと手に入りにくい気もします。
なので、個人的には原曲が同じであるスフィアン・スティーブンスの「What Child is This Anyway」をおすすめしたくなります。こちらは今まで挙げたのとは違い、かなり最近の曲になりますが、その分手に入りやすいのではないかと。この人のクリスマスアルバムは5枚組42曲約3000円というヘンテコかつ手抜き無しの素敵なアルバムなので、レコード店などで見つけたら激しくマストバイを推奨しています。

というわけで、クリスマスソングの中でも、とりわけ人間っぽい体温を個人的に感じる曲を紹介してきましたが、クリスマスに感じたり求めるものというのは当然住む地域によって違えば、過ごしかたによっても大きく変わってくると思います。ただ、そんな中で少しでも読んだ方のおもう「クリスマス」を過ごせる手助けが出来たらな、という今回の更新でした。

自分ですか。一人で過ごしますよほっといてくださいよもう!……とまあ、今回挙げたのは一人で過ごすクリスマスにもあったかい曲ばかりだと思うので、これを聴きながらまったりとした気持ちで新年を迎えずに過ごせればいいなと思います。

ではでは、遠く、時の輪の接する処で、また逢いましょう。(BGMはDaftpunkのDiscoveryで)

author:ソニドリ


 
posted by 編集部 at 23:55| Comment(0) | エッセー音型(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

る印良品 5品目「剣と鎧と弓と斧と:協力しKnight!」

(深々と礼
では、「る印良品」5回目の営業となります。
今回は久しぶりに「The Lord of the Rings」に触れて感じた事などをつらつらと書かせて頂きましょう。


さて
映画化されかなり話題にもなったのでご存知の方も多いとは思いますが
「The Lord of the
Rings」というのは邦題を「指輪物語」とする、今から50年前にイギリスのJ・R・R・トールキンによって執筆された、ファンタジー小説です。
人間の他にホビットやエルフ、ドワーフなどの種族や、ゴブリンやオークなどのモンスター、伝説の武器や魔法など、現代のファンタジーに多大な影響を与えた作品です。
まぁ僕も映画とゲーム程度の知識ぐらいであまり詳しくは話せるわけではないので、説明はこの程度にさせて頂きます。

まぁ一言で言えばこういった世界が好きなのですよね。
世界観が凝ってて、世界地図なんか当たり前で、それぞれの地方の特色や独特の訛りとかあったりなんかして・・・。
その世界の空気の匂いさえ感じられそうなほど、思いっき作りこまれたファンタジーな世界観には魅せられますね。

あとはやはり剣と魔法の世界といったら「戦闘」ですよ!
魔法使いはいるといっても限られているので、当然戦闘の殆どは肉弾戦になるわけですよ。
現在の戦争は銃が中心ですが、この世界にはそんな便利なものはありません。
メインはもちろん剣・斧・槍・弓など。そして身に付けるは盾・鎧・兜・小手など。
移動は二本の足か馬か何かの動物だと相場は決まっております。


「相手の剣を避けて、こちらの剣を相手の胴体に叩きつける
だが相手はウルクハイという屈強な肉体を持つ種族、その程度では倒れない
相手の剣は重い、剣戟を受けた盾が吹き飛ぶ
盾が無くなって痺れた片手を、もう片方の手で持っていた剣に添え、無理やり握る
両手で持って剣を引きずりながら突撃
相手の剣戟をぎりぎりで避け、そのまま相手の顔めがけて振り上げる・・・」


上記の文章は僕が今勝手に考えたのですが、こういった血生臭く重い戦いが繰り広げられるわけですよ。
そんなに暴力が好きなわけではないのですが、こういった命の懸かった戦いというものは、こう胸が熱くなってしまいますね。

様々な種族。様々な武器。様々な戦局。
物語ももちろん面白いのですが、こういった要素が魅力的ですね。


基本的には正義が悪を倒すという勧善懲悪なお話なのですけども、敵の強大さが凄いので、最終的にはどうにか辛勝という形で終わっています。こういったのも大事です。
「勇気を持って仲間と協力すればどんな困難にも打ち勝てる」ということを、キャラクター達は身をもって僕達に教えてくれました。


いやはや(死語
つい熱くなってしまったせいで、興味が無い方にはとても滑稽でつまらないお話になってしまったかもしれませんね。
というわけで、今回はこの辺りで終了させて頂きます。

お前の隣で死ぬなら悪く無い「る印良品」でした。
posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

おやすみだよごめんね

磨き抜かれたマイルドな味わいと上品な香りをお楽しみいただくためにお休みです。
 
posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | あの1枚、この1節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

Editor's Note 2009.12

坊主も走り回る師走、皆さまいかがお過ごしでしょうか。WZ、12月号でございます。

私も例にもれず、多忙な日々を過ごしております。
いやもう、ほんと年末すごい忙しいね。一週遅れのスタートにしたにも関わらず、ほとんど原稿書けませんでした。すいません。
まあ普段からほとんど書けてないのにあちこちのブログ並行させるとかないわな…なはは。


さて、今年己の無力さ以上に一番強く感じたことは、振り返りの重要性だったなと。
結局、先々のことを考えるには現状を正しく認識し、目標と進捗を日々しっかり管理する、ということができていないとどうしようもないんだなあ。
そのための時間を作ることも仕事のうちってね。現状厳しすぎるけど。

というわけで、振り返り。そう、1年の振り返り。
今年もAlbum Of The Yearの選定作業に着手しているところです。
正直な話、時間的余裕も一枚かんでいるとはいえ、昨年がおもしろすぎて今年はどうにもって感じがぬぐえない。
各誌のランキングもそれはそれはもうつまらない。しかもなんか「色」が無くなっちゃって、どこもかしこも似たような感じ。
でも、そんなときって、個人レベルのそれがすごく面白かったりするわけです。というわけで、年末はあちこちブログを飛び回ってみようかなあ、なんて。

振り返りついでに言っておくといわゆる「今年流行した言葉」みたいなものが毎年話題になるわけですけれども、
いつもは失笑して終わりなんですが、今年に限ってはなんだか言葉そのものやらそれをはやらせようとする意図やらなんてものよりも、その中身自体や、それに気持ち良く乗っかって自分をカテゴライズしてご満悦、みたいな人らに無性に腹が立っております。
矛盾の上で、個性的、自然体気取ってやがれ。

おお、いかんいかん。何だろうね、よっぽど中学生あたりの頃の方が穏やかだったよ。
キレる中高年、とかそういうタームでくくられるようになるのかな、僕も。やれやれ。
そんな時こそ、すきを語ろう、持ち寄ろうということで、愛に溢れたWZ12月号、1週間よろしくお願いします。

posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | Editor's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。