2010年01月26日

矯正視力2.0 4本目

ずいぶんとお久しぶりです。2010年、はやくもやひと月が過ぎましたね。草食系がもてはやされメガネ男子ブームもいまさら感が否めないなか、今年は一周回ってあえてのシンプル銀縁がはやったりしないかな。

さて、今回はメガネのTPOについてです。

メガネは顔の一部といえど、やはり場所や服装に合わせてある程度の節度は守りたいもの。普段は女子ウケを狙ったオサレ黒縁太めセル、あるいは個性派志向で原色セルや変則メタルテンプル激太、なんて男子もそのまま就職活動用の写真撮ったりはしないでしょう。複数持っているとこういう場合のかけかえがきいて何かと便利ですね。
ただ、男性はわりあいどんな格好でも結構いろんな種類のメガネが馴染むんです。制服やスーツにカジュアルなカラーセルを合わせるのはいまや普通のことになっているし、卒業式や成人式といった式典であっても案外問題なかったりします。問題は女性だ。

100125-1.JPG

ね。こうじゃないですか。紋付袴にセルメガネな新郎はまだいいとして(実際に「結婚しました!」みたいな写真でよく見ますよね)、白無垢文金高島田にメガネの新婦は、ないだろー。メタルフレームでも駄目。女性の着物とメガネはおそろしく食い合わせが悪いんです。同様に、卒業式の袴、成人式の振袖でもメガネは禁じ手、メガネっ娘たちもこの日ばかりはメガネに馴染みすぎて外すとのび太並にアイデンティティを消失する素顔+コンタクトの恥ずか死コンボで式典に臨まざるを得ないのです。着物が普段着だった時代の近視の女性はほんとにどうしてたんだろう。メガネなんてそのころは普及してなかったのかな・・・。ちなみに洋装の結婚式でも、白タキシードにメガネの新郎はアリでも純白ウエディングドレスにメガネの新婦はかなりしんどいと思います。なんなんだろうこの違和感は。

他にもメガネがどうしても馴染まない状況といえば、水着姿かなあと思うんですが。海水浴なんかで裸眼でうろうろするのも危険だけれど、セクシーなビキニ+真っ赤なセルフレームメガネ、なんかだといろいろ台無しな気がするのは私だけでしょうか。女芸人みたいになるような。類似品としてプラグスーツもそんな雰囲気なので、エヴァ破で真希波さんがピンクプラグスーツ+メガネで登場したときはなんだか妙な感慨があったものです。あ、二次元美メガネっ娘ならTPOなんて関係ないのかもしれない・・・。



OMOIDE IN MY HEAD vol.4

今回は高校でぶっちぎりのマイベストメガネ男子だったN君を。

100125-2.JPG

細い四肢にぺったりと薄い体躯、赤みがかったやわらかそうな髪、陶器の如き白肌、憂鬱そうな八の字眉、長い睫毛に縁どられた物憂げな眼差し、それを包む青セルフレームのメガネ。そんな奇跡的男子を目撃したのは高校1年の文化祭、将棋部の会場でありました。しかも声は低音、美術クラスで繊細な水彩画を描き、部活ではバイオリンを弾くというなんだかもう至れり尽くせりなメガネくんでした。隣のクラスだったのでしょっちゅう見かけては大騒ぎしていたのもいい思い出です。ただ当時より勉強面にはかなり難ありの人で、地元大学で留年していたらしく。今頃何をしているやら、きっとかわいい森ガールの彼女でもおられることでしょう。

author:モリシ

posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | 矯正視力2.0(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。