2010年10月30日

壁をすべて無くせ、は暴論だ。我々は防壁を尊ぶ。

執筆陣には酷な話かもしれないが、僕は結構雑なテーマの投げ方をする。脳内を事細かにレジュメして伝えるのが(昔は好きだったな)、一番親切だとは思うのだが、その体力がないのと、あるタームの傘のもとで生まれる揺らぎの方を重視しているというのがその理由だ。

揺らぎ、そう揺らぎだ。特集記事の並びを見て感じてほしかったのは、編集部員というごく小さなコミュニティの時点で、すでに見ている方向がバラバラだということである。今回の特集、平たく言えば要は「好きを語れ」というもの。「何が好きか」ではなくて、「好き」そのものを語るという行為。フォーカスの場所を数ミリずらすだけで、そのバラバラさ、断絶を越えられる、そう思って(思い続けて)企画として提案した。のぞき穴をずらすこと自体がでっかい目的だから、正直「好き」だろうが真逆の「嫌い」だろうが、なんでも良かった。もっと言えば「断絶ってなに?」だとか「断絶なくね?」でもよかったくらいだ。

実際にそういう反応は編集部内でもあって、ちきんちーた氏が記事でも言っていたよね。「そもそも断絶なんてあるんだろうかと思っています」て。もちろん文脈として捉える必要があるのは理解しているが、ただ、この字面が躍っただけでも価値があると感じている。そしてそのちきんちーた氏は僕がダラダラ語っていることを見事ピシャリと代弁してくれた。「人と人の間を"○○が好き"で繋ごうとしたら完全な断絶はなさそうに思えませんか。」

そうかと思えばその数日後にはそういう考えだけでは越えきれない断絶の可能性を示唆するエントリが。これはつまり「それでも」の体現である。とにかく、僕はこのメンバーが集まってよかったな、という風に思えてならないのだ。あなたには今号の特集はどう映っただろうか。楽しげだな、と捉えてもらえれば幸いだ。この特集で抜け落ちた部分である、「何が好きか」は各自のコーナーでぼんやりと伝わっていればいいなと思う。実際カラフルなものになったと思うしね。
 

======
 

さて、WZ!2期スタート号はこれで終わりです。久しぶりに楽しみをつくることができた、という幸福感で今は僕自身いっぱいでありますが、この場を我々ままならないボーイズアンドガールズ「だけ」の秘密基地にはしたくありません。ぜひ、あなたの想いを教えてほしいと思います。今号への感想、誰の記事が良かった、誰の記事が好きです、誰が好きです付き合ってください、なんでもござれです。もちろん、あなた自身の「好き」を語ってくれても構いません。番組公式アカウントに@なりDMなりを送っていただければと思います。

コチラ http://twitter.com/wo_zo

送ってくださる際は「WZ!への掲載の可否」もお知らせいただけると幸いです。否、の場合は編集長だけがニヤニヤします。ちなみに公式アカウントの更新は友人のリサがWZ!広報部次長として、気まぐれでやったりやらなかったりしてくれています。お疲れ様。

それでは、次号12月号でまたお会いしましょう。読んでくれてありがとうございました。編集部一同、心より感謝いたします。


author:みかんぱ

posted by 編集部 at 23:23| Comment(1) | 首謀者の手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

る印良品 8品目「たまにはほくほく顔になってもいいじゃない」

さあ、いらっしゃいませこんばんは。
冬の足音もしんしんと聞こえてきたこの時期ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?
冷たい木枯らしが吹いて身を寄せ合う妄想とかしたところで温まりません。
そんな「る印良品」は今日も元気に営業中です。


今回は、この時期ならではの、る印良品一押しの商品をひたすら賛歌させて頂きます。
心の準備はOKですか?お腹は空いていませんか?歯は磨きましたか?


では。

さて
秋です。
食欲の秋です。
そう、秋スイーツです。

僕はそもそも辛いものが苦手で完全に甘党なのですが、当然お菓子が大好きです。大好物です。

お菓子。それは悦び。あの甘さのなんと甘美なこと。
僕は基本的に食を軽視してしまいがちなのですが、お菓子はちょっと手を抜くわけにはいきませんね。

特に、秋が旬の素材を使ったお菓子がとてもとてもとても好きです。
というわけで今回は秋のお菓子自分語りです!


☆さつまいも
でました。
紫に輝く黄金の延べ棒。

いや焼いても良し、蒸かしても良し。カレーに入れても良し。よく洗えば皮ごと食べれちゃうし。
お手軽に食べれるさつまいもお菓子だと、「さつまいも蒸しパン」とか「おさつどきっ」とかでしょう。
がしかし、ここはですねやはり「スイートポテト」とか「大学芋」を推したいところですね。

「スイートポテト」は至高!
裏漉しされたさつまいもの滑らかさとそれを焼いた香ばしさ。おしゃれな味に改変されているかのような外見とは裏腹に、きちんとした素材の味の延長線。

「大学芋」はお手軽に作れるところが良いですね!
さつまいもと砂糖さえあればそれっぽいのが作れますし、何よりさつまいもだ。やっぱり素材の味が一番ですよね!


☆栗
でました。
鋭い棘に隠された黄金の実。

くりはマロンマロンしていておいしい!

「マロンパイ」がまたやばいんですよ!
僕が大好きなお店のマロンパイは、ボリュームのあるサクサクのパイ生地に、素材の味を活かした栗のあんと、まるまる一個の栗のブランデー漬けが入っていてもう我慢できない。

「モンブラン」はド安定ですよね!
個人的な嗜好を言わせて頂くと、栗は丸々1個使われていて欲しいし、栗クリームは外側じゃなく内側にも潜ませて欲しいですね。
色々なお店で違いがあるのがまた素晴らしいのですけども。

「くりきんとん」は風情もある!
お高い感じがあるとは思うのですけども、THE栗のような素材の良さを120%引き出すような味は、思わず日本文化を誇りたくなります。


☆かぼちゃ
でました。
深緑の鎧に包まれた黄金の塊。

ほくほくでまったりとした甘さと、お菓子だけではなく、普段の食事にまで使用される万能さ。

「スイートパンプキン」
スイートはさつまいもだけに付けられる冠ではなく、かぼちゃにも相応しいと思うのです。
さつまいもとまた違った甘さの種類と香ばしさのコンボは、味覚を乱打していきますね。全く困った奴だ。

「パンプキンパイ」
パイは栗だけに(ry
かぼちゃの落ち着いた甘さに、パイ生地が加わることにより、鬼に金棒状態なこいつは全く手が付けられない。
他の果実系のパイに比べて、さくさく系というよりもしっとり系のパイ生地が多いと思うのですけども如何でしょうか?

「かぼちゃコロッケ」
お菓子として食べても良し、おかずとしても十分機能しうる。
まさに合法お菓子の名を欲しいままにするかぼちゃコロッケをどうしてお菓子の項から省くことができようか!いや!できない!
意図的な甘さを加えずに、素材の味を最大限に活かした甘さ。つまり季節によって味が異なるその素材っぷりは年中存在するにも関わらず食べるものに四季すら感じさせるのではないでしょうか!個人的には玉葱とかぼちゃの皮も一緒に入ったやつが好きです。毎日食べたいです。油には気をつけてね!


ぜえはあ・・・。
いやはや言葉は尽きないですが、皆様のお腹も空いた所だと思うので、この辺りにしておきましょう。

最後はお菓子繋がりだけであれなのですが、以前友人と計画したドーナッツ100個祭りの写真でお別れしましょう。
あまあま!.jpg
ごちそうさまでした。


それでは。
だけどたまには甘酸っぱいのも欲しくなる「る印良品」でした。

author:るしーる

posted by 編集部 at 23:23| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

「ごめん・どうでも」1回目・青春生き残りゲーム(スピッツ)

1期に続いて個人コーナを持たせていただけることになりました。1期・矯正視力2.0で好きなものについて好きだと主張したい欲求はある程度満たされたなーという感じなので、完結させられなかったんですがあれはあれで打ち切ります、すみません・・・!2期からはちょっと趣を変えます。なんとなくマンガっぽいものを描きつつ好きな音楽のイメージに結び付けられたらなー、くらいの感じで見切り発車です、回を追うごとに形になればと思うんですが。

ごめん、どうでもいいんだけど/ご面倒でも お付き合いください。





wzOct.2nded.JPG

http://www.youtube.com/watch?v=CmsYukL1F1E
 

author:モリシ

posted by 編集部 at 23:30| Comment(0) | ごめん・どうでも | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

鶏の皮下脂肪 1メタボ 『ご挨拶など』

勝手がわからないのでとりあえず自己紹介などしてみようと思います。
農学系の大学生です。道産子ではないけれども北海道在住。
しょうもない話ですがこのブログのタイトルちゃんと読めてないです。
見るたびに『ウォィイイイイイイィ!ゾウィイイイイイ!』と脳内で奇声が聞こえます。
(ジョジョの「WRYYYYYYYY!」に近いイメージ)

なんだか気恥ずかしいのですがこの連載のタイトルの由来をご紹介。
鶏における皮下脂肪ってアレです。鶏皮の裏のブヨブヨした黄色いあいつです。
生臭いし脂だしで大体捨てられちゃうやつ。
鶏皮を調理して食べるって人も皮の裏の脂肪は除去するんじゃないかなぁ。
そんな鶏の皮の裏の脂肪のような文を書いていこうと思います。
皆にとってどうでもいいし大して深くもないし摂取するメリットも見えないただの黒歴史を積み重ねます。
文も中身もダラダラですけど生温く見守っていただけたら幸いです。
テーマは毎回変わることが予想されます。

余談ですがこの文章、深夜の研究室の自席で慌てて書いてます。
締め切りとかギリギリにならないと行動できない性質なんですよ。
小学生の頃から直したいと思いつつ(夏休みの宿題とかね)早10年以上。直る気配がありません。
自分の中でもどこか諦めてしまっているのだと思います。どうしたものか。
そんなグダグダな人間が書き綴る鶏の皮下脂肪。
他の人が確りとした文章書いてたらどうしようかな!
多分どうもしないです。
今回はこれにて終了。最後まで読んでくれた方に感謝。

author:ちきんちーた

posted by 編集部 at 23:30| Comment(0) | 鶏の皮下脂肪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

[ほびろ箱]1箱目:〜Motion Graphics〜

こんにちは、ほびろです。お目にかかるのは2度目になります…でしょうか!?

さて、今回より「ほびろ箱」と題しまして、私の「好き」が詰まった箱をあけていきたいと思っています。なにぶん散らかった箱なので、なにが出てくるか本人にもわからないのですが、どうぞおつきあいくださいませ。

***

まず最初の箱は「Motion Graphics」です。
「なにそれ?」もしくは「なつかしい!」という感じでしょうか?
説明しようと思ったのですが、長くなるのでいきなり↓に丸投げしますね。

MotionGraphicsとは - google 検索


そもそも、なぜこれが好きかと気づいたかというと、ニュースやテレビ番組のOPとか、映画やゲームやCMのサウンド+アニメーションのロゴとか、そういうものを見ると胸がどきどきすることに気がついたからです。

もうね、「好き」に理由なんていらない。触れた瞬間に感覚の全てを奪って持ち去り、揺り動かし、ぎゅっと掴んで離さないでいて違う次元に放つみたいな圧倒的な力。その中にいるときの凝縮された時間と鼓動の速さと、わきあがってくる何もかも間違いないと肯定せざるを得ないような確かさ。それさえあれば充分。

…と、思ってしまうくらいに好きなのは、視覚と聴覚を持っていかれるせいもあるのでしょう。

最初はどうして好きか言葉にできなかったのですが、見ているうちにどうやら私は『音同期』(音楽と映像が同じタイミングで変化する)というものがどうしようもなく好きで、かつ大変心地良く感じられるのだとわかってきました。もう、ずっと浴びるように見ていたくなるのです。


その『音同期』を「こういうの」というのでお伝えできれば。(※音量注意!)



ドラムが鳴るのと同時に丸いものがぶわっ!と現れたり、泥のようなものがべたっ!となるのがそうです。なんだか気持ちよくありませんか?私はこういう瞬間にぞくぞくしたりどきどきしてしまうのです。

それに、光が曲名でもある蝶を冒頭で描き、それからギターの音と共に光の筋が蝶が舞うように走っていく様や、色彩選びのセンスや、曲と映像の魅せ方もたまりません。また、曲自体もこういうMG系によく用いられるような曲じゃないのが面白いなと思って今回はこれをご紹介させていただきました。

このMVを制作されたteevee graphics, incさんのサイトにはみなさまもご存じの作品ばかりですので、ぜひ一度。


それでですね、あまりにも好きが高じて作ってみたことがあるのです。イチから本とネットで勉強して。(まったく関係ないことしてる癖にね!)するとそれから楽しみ方が変わってきて、普段何気なく目にしてるMGにどんな技術が詰め込まれているんだろうと、作り手の目線からも見るようになってきました。

「何がどうなったらこうなる!?」と、ちょっとかじったくらいじゃ全然わからなくても、それすら面白くてしょうがありません。わかる部分が少しでもあるときには、「ここの数値はこれくらいかな?」とか「このActionScriptは…」とか「このマスクの使い方かっこいい!」なんて思って見ています。


今回の特集ではありませんが、これも「好き」で「見る側」と「作る側」の間にあるものを少し越えられたということなのかもしれませんね。

***

それでは次号、また別の箱をご用意してお待ちしています!

author:ほびろ

posted by 編集部 at 23:30| Comment(0) | ほびろ箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

今日ですべてが報われる

2期のスタートということで、原点めいた話をしようと思う。

今でこそ「否定からのそれでも」だとか「連帯への憧憬」だとか、妙にきな臭いテーマで自分を縛って何事かをまき散らしている僕だって内省的な音楽に傾倒した時期もあるし、自意識をこじらせていた時期もあるごくごく普通の人間だ。自分が偉いな、と思うのはそこを「黒歴史」という言葉で蓋をするのではなく、一歩ひいた感覚で今もそれを楽しめるという点だ。思想と切り離したところでも娯楽を消費できるというか。限度はあるけど。まあそれはまた別の話か。

ティーンの頃からエターナルラヴが嫌いだった、永遠なんてないと思っていた、というのは件のエントリでも話したことだけれども、そんなモヤモヤを見事に打ち抜いてくれたのが『図鑑』に収録されていた「マーチ」だった。



「今は昨日じゃなくて 明日だということ 信じるだけなのさ」

このそっけないライン。今は過ぎ去るものではなく、眼前に迫ってくるものであるという感覚。これがもう長らく自分の中での「答え」として機能している。たぶん、死ぬまで変わらない。そう、死ぬのだ。「今」の連続は必ずや断ち切られる。いうなれば過ぎ去るものとして「今」が価値を帯びていくのは僕らが死んだ後ということだ。「思い出」は僕から切り離されて初めて輝く。僕自身に対して「思い出」なんてものは奇麗に機能しない。だからこそ、明確に果てがある、それでいて地続きなものとして「今」をとらえるのだ。

様々な音楽や作品を享受していく中で本当に膨大な量の音を浴びてきたけれども、発表から10年、結局根っこにあるものはずっとこれだった。もしかすると、海外の音楽ばかりに接近したのはこれが原因なのかもしれない。いつまでたっても更新されない共依存と内向きの世界が嫌でしょうがなかった。

ただ、今にして思えばそれすらも自分の中では観念でしかなかった。だからこそ「今日は昨日みたい? 明日は今日みたい? 大丈夫 大丈夫 楽しかったら大正解」に感動してコレとかコレとか書いちゃうわけで。日常回帰と青春の再構築。

僕が勝手に友人だと思っている青年の「10代なんてなかった」という発言に僕は最大級の共感を覚えているが、そういう意味では「愚かな10代」というものは僕にも実はあったのかもしれない。もっとまっすぐなベクトルでこじらせたかったが。ラウンドワン的10代とでもいうか。うわ伝わらねえ。


今、という瞬間にいきなり飛びこんでいくのは難しい。とすれば、恐らくは単位としては「今日」が適切なのだろうか。一つの答えがこの曲かもしれない。



現代だからこそ日常への回帰、連帯への憧憬として機能する。こういう音楽が必要なんじゃないのか。秋がなくなりつつある日々の中でそんなことを思う機会が増えてきた。

author:みかんぱ



posted by 編集部 at 23:30| Comment(0) | あの1枚、この1節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

断絶ばかりの世の中だけど果たしてそれは「好き」の前に有効かい

皆様、ご機嫌如何でしょうか?
WZ!も新展開!というわけでありまして、いやめでたいですね!
今日は営業ではなく特集ということでお話させて頂くことになりました。
るしーると申します。改めて宜しくお願い致します。

さて「好きで断絶をこえていく」という特集なのですが、例によってこの文章を細かく見ていってみましょう。

まずは「好き」について。
好意です。ヒトやモノなど様々な対象に対して感じるもの。人によって個人差が凄いです。
この個人差は各個人の経験から来るもので、これまでの経験が違えばそりゃ好きなものも違います。
けど、その好きなものに対して僕らは夢中になれる可能性を持っている。この力がもつ潜在能力は測りきれないでしょう。

そして「断絶」について。
またgoo辞書先生にお世話になります。

だん‐ぜつ【断絶】
[名](スル)
1 続いてきたもの、受け継がれてきたものが、絶えること。廃絶すること。「家が―する」
2 結びつきや関係が、切れること。また、関係などをたちきること。「世代の―」「国交を―する」
3 まったくなくしてしまうこと。根絶すること。「悪弊を―する」
4 執着をたちきること。「君は全く恋慕の念を―しましたか」〈露伴・露団々〉
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/140251/m0u/

この中で言えば、今回テーマとしている断絶は2とか3の意味が強いのかな思います。

自分の言葉で「断絶」を表現すると「壁」みたいなものだと考えています。
その壁のせいで見えない・聞こえない・わからない。そんな状態になっているような。

これといった対象を決めるわけではないのですが、なぜ「断絶」が起こってしまうのか。単純に考えるときっと、モノや情報やヒトが、多すぎるのでは。
インターネットに端を発する情報爆発。目の前が精一杯で、前後左右には目が向かなくなってしまったり、少しでもわからないものを遠ざけてしまったり。

きっとヒトは賢いから段々と適応していってはいるのでしょうが、自然に任せた進化・適応が最適解だとは限らないわけで。
だからこそ我々はベターな方向へ少しでも努力する必要があるのではないかと。


ええとそれで僕がどういう話をしたいかというと

これまで断絶を意識していなかったので気づかなかったのですが、身の回りには思ったより断絶みたいなものが存在するのでは?ということです。
男女の断絶。理系・文系の断絶。世代の断絶。
他には、視覚障碍者の方の活動を教えてもらう機会があったのですが、その方達は健常者との断絶を問題にしていました。
そこで聞いて印象的だった例は、ドラマのエキストラに車椅子の方がいないことでした。

うおー色々例をあげようと思ったのですが、うまく言葉にできない悲しさ。

とにかく、大小はあれど断絶は確実に身の回りにあって、そしてそれをどうにかしたいという気持ちが片隅にあったということ。

そんな背景の中で、僕はWowee Zowee!に出会ったわけです。これは乗らないでいられるか、と。
もちろん僕はヒーローではありませんし、そもそも僕自体が様々なものから断絶されている状態だと思うのですが。だからこそ、それをこえれたらどんなに嬉しいか。
つまり結論は断絶をこえたいという本テーマに帰着します。帰着したつもりです。大丈夫ですよね?

この様に(といっても僕の言いたいことが結局まとまっていなくて、僕以外の方が読んでも断片だとしかわからないとは思いますが)身の回りの様々なことが、本テーマを中心に偶然にも繋がっている気がしてならないのです。それがとても嬉しい。

身近な断絶すらこえられずにいる僕ですが、もしできるなら断絶を大いにこえていきたい思います。
そのために僕の「好き」が何かの突破口として作用するのでしたら是幸いです。

こんな感じでいかがでしたでしょうか・・・胸がざわざわしっぱなしです。
それではこれからはじまっていく新WZ!を何卒宜しくお願い致します!

無駄に熱がこもって空回りしてそうなるしーるでした。


author:るしーる


特集「好きで断絶を越えていく」

posted by 編集部 at 23:55| Comment(0) | 特集2010.10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。