2010年10月23日

片想いとしての「好きだ」廃止宣言

好きだ、好きだ、

 人でもモノでもなんでもすぐ好きになる。好きになるかどうかの判断は一瞬で、きっかけは本当にものすごくどうでもいい部分で、決定したらそれは絶対で、その強度のまま好きが半直線の軌道、爆発的に進むのがいつもの作法だ。人だったらたとえば、顔立ち、しぐさ、話し方のくせ。まつ毛が長くて眠そうとか、聞き返すときに目を見開いて「ん?」と言うとか、舌足らずな発音なのに声は低いとかそういう。そこにひっかかって、いいな、と思ったらもう好きで、性格やいろんな嫌な部分や悪い部分はそのあとに知る、でもそれも全部引き受けていく。全肯定や崇拝ではない、こういうところもあるよな、と思うだけ、たまにあまりにひどいと思えば手出し口出しする。それによって好きであることが揺らいだりはしない。

好きだ、好きだ、ただそれだけだ、それだけあれば

 好きな対象から好かれたいかと言ったらべつにそうでもない。自分がそれを好きだということだけでだいたいの場合満足する。好きなものと自分はつながっていない。高校時代まで数学が好きで好きでしかたなく、計算問題ばかり飽かず繰り返したものの成績はいっこうに揮わない、数学のカミサマに愛されることはないまま大学では線形代数学で派手に挫折、以来数学とは決別した。好みの役者の写真やDVDを集めて眺めてはニヤニヤ過ごしているが別にその人の実際を知りたいとか見たいとか思うわけではない。憧れの異性は毎回狩猟民族よろしく猛然と追うだけであって結局付き合いたいか・性交渉したいかときかれれば答えはノーだ。見ているだけで触れられない、一方的に好きを撃ちこみ続けてなんの反響もない、そのこと自体が私には実はものすごく心地いい。

 好きだ、好きだ、ただそれだけだ、それだけあれば、それは嘘

 好きはある日突然終焉を迎える。文字通り幕切れ、刃物でぶった切ったように、猛進する半直線がいきなり終点をもって線分になる。初めと変わらない強度の好きがいきなりそこでその強さをもって終了する。ゆるやかに消えるとかだんだん好意が薄らいでいくとか、そういう経験をしたことはない。人でもモノでもなんでもそうで、私はかれらに厳粛で冷徹な決別を一方的に言い渡し、アドレス帳から連絡先を消したり燃えないごみの袋につっこんだりする。
 最初から最後まで圧倒的に一方通行、どうしてこんな風に終わらせなければならない?だって見ているだけで触れられないのがいいって自分で言ったじゃないか、とそういうこと、結局自業自得だったとようやく最近気づく。好きなものとつながらないことを望んだのはほかならぬこの私だ。本当はつながりたい、好きなものとの断絶をこえたい、好きなものに実際に手で触れたい、愛してる、殴らせろ。

好きだ、好きだ、そしてそこから?

 好きなものにちゃんと向き合い、好きなものとコミュニケートし、なんらかの相互作用をつくること。ギブアンドテイクとかそういう話ではない。好きだ、とただ片想いするだけでは憂鬱な思春期から永遠に抜け出せない。好きだという気持ちを、対象が受け取る、そこからつながりを得ること・断絶をこえること、これを私はいま欲しいと思う。好きだという気持ちのその先を見たい。好きな対象は全くこっちに興味を示さないかもしれないし、ものすごく嫌われるかもしれないし、憧れが幻想であって実際の姿はこうだと突きつけられるかもしれない、それは絶対一方的な好きをぶつけるときより苦しいだろう。でもそこを経てはじめて、なにかを好きであることの本当の意味がわかってくるんだろうと思う。その予感に賭けたい、ここから先はそういうやり方で行く、とここに勝手に宣言して、私の言いたい事は以上です。

author:モリシ


特集「好きで断絶を越えていく」

posted by 編集部 at 23:23| Comment(0) | 特集2010.10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

そもそも断絶なんて本当はないんだ

好きで断絶をこえていくってなんだか難しいですね。
そもそも断絶なんてあるんだろうかと思っています。

好きって対象が幅広くて本当にたくさんありますよね。
人と人の間を「○○が好き」で繋ごうとしたら完全な断絶はなさそうに思えませんか。
お互いに『ホント意味わかんねえよお前!』って思っていても
実は何かしら『それ自分も好きだわ』って思える項目があるのではないでしょうか。
このテーマはそういうことを表してるのかな。ズレてたら1人勘違い劇場!恥ずかしいですね!

ネットの文字での繋がりだと普段の生活よりずっと繋がりやすい気がします。
twitterでわいわい『○○が好き!』『わかる。僕も好きなんだ!』って話すだけでもなんとなく親近感。
細かい感覚の違いなんて気にしなくてもなんとなく親近感。
住所・年齢・顔・普段の言動が全くわからない相手でもあら不思議!
なんとなく知り合いのような気分になれます。
twitterやっててこういうお手軽な親近感を感じる瞬間がわりと好きです。
これだけで友達になっただとか相手のことを全部わかっただとか錯覚し始めたら危険ですね。
でも親近感自体は悪いものではないと思います。
ただし自分のクズっぷりを『同じ人もいるんだから大丈夫だー』って安心するのはいけない。
自分のための努力に他人がどうしてるかは関係ないですよね。
もしかしたらその人はダメ人間キャラを演じてるだけかもしれない。
ダメっぷりを誇張してるかもしれない
(っていうかネットでダメっぷりをネタにしてる人はダメだと自覚してるからネタにしてるのであって…)
こんなこと偉そうに書いてるけど自分自身がよく『ハッ…いかんいかん!』となります。
(100%自戒のために書いております。)
 

精神を健康に保つためにも向上心って大事。
自分の場合どこかで『自分サボってるなー』って思いながら休憩してる人を見て『ほら休んでる人もいるし大丈夫大丈夫』って言い聞かせてるとだんだん心が弱ります。
向上心のある休憩は次に続くお休み。
向上心のない休憩はただのサボり。
そんな気がしてます。サボるのと休むのは違う。
休むことはすばらしいです。楽しい気分転換にもなるし体も元気になる。
サボりは罪悪感になって楽しくないし後々の心が弱くなる。
同じ時間過ごすならサボるのではなくて休みたいですね。
がんばりすぎてる人!休むのは悪いことではない!
サボりと休みは違うのだ!堂々と休んでください。
恥ずかしい話ですが私はこの年になってやっとそのことに気付きました。
 

大きく脱線しましたが頭が散らかってうまく書けないのでこのままで。
『好きで断絶をこえる』の道を外れて思考が一人旅に出て行き倒れてしまいました
とりあえず無理矢理もとに話を戻そう。
『好きで断絶をこえていく』このすごく青臭い感じ…き、嫌いじゃない。
そんなに青臭いことばかり言ってられる年齢ではないですけどたまには良いじゃない。
自分がここに書いた文章は数ヶ月後には黒歴史に。
そして数年後のちょっとした思い出になったらいいなあ。
あと皆の好きなものの話、たくさん読めるといいなあ。
かなり流れに無理がありますけどこれ以上続けると本当に収拾がつかなくなるのでこれにておしまい。
はー。難しいですね。
 

author:ちきんちーた


特集「好きで断絶を越えていく」

posted by 編集部 at 03:42| Comment(0) | 特集2010.10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

奔放な女子に振り回されたい2010

昔から、奔放(に見せる)な女性を後ろから愛情を含んだ視座で見守るという立ち位置が好きなんですよ。ええ。 その話を、今日はせっかくの機会なのでさせていただきます。


======


以前からTwitterなどで声高にかつうわごとのように繰り返させてもらっているのが、一連の「それでも」オブセッションと、「宮崎あおいちゃんになりたい」と「奔放な女子に振り回されたい」ということである。頭が腐ってやがる。
 

白馬の王子様待望の構え
子どものころからずっと人見知りで引っ込み思案だった。でも、バカをくそ真面目にやりたくてしかたがなかった僕は、がんばって、がんばって、がんばってみなの中心にいた。いや、本当にこのころの良く分からない必死さはなんだったんだろう。ある程度楽しかったけど。ただ、そんなことができたのも、当然周囲に対する安心感があったからこそなわけで、ハイティーンになりその「安心して発露できるコミュニティ」を離れたとたん元来の受け身体質が顔を出しはじめ、宿主のターニングポイントごとでの的確なパスワークのおかげでその体質はすくすくと育ち、こじらせたが最後、受け身が「受け流し」に発展し、今ではいっぱしの表層サーファーになっている。根暗は根暗なりに、現代を生き抜く術を身につけたのである。一筋縄ではいかない。
 

そんなわけでこじらせた僕はよく「連れ出してほしい!」と20代も半ばに差し掛かろうかという小太りの男が口にするにはあまりにおぞましい輝きを放つ「白馬の王子様待望論」を振りかざしているのだ。もう怠惰で閉じこもりがちな自分を変えるには他人様の力を借りるしかほかありません、たすけてくだせえというわけだ。いい具合に最低だな。
 

「みおー、クラブ見学行こうぜー」で、僕自身の断絶を修復する
諸君、僕は某軽音部の田井中女史のことが大好きだ。人さまのTLを汚しまくっている今更何を言うでもないが、とにかく大好きである。門外漢の人間にも、いや、門外漢の人間にこそ訴求力があった(らしい)と言われているかの作品で、ずっきゅんと打ち抜かれた「にわか」の一人が僕であるということだ。うむ。なにゆえそんなに彼女に惹かれたのかといえば、その愛らしさもさることながら、僕の中に長く巣食っている「奔放な女子に振り回されたい」というオブセッションをこれでもかと刺激したことにある。

繰り返しになるが、幼いころからローティーンあたりというのは、僕はどちらかというと集団の真ん中にいて、「あれやろーぜ、これやろーぜ」という側の人間だった。そこに向かわせた要因は、後々の僕の姿から考えると、「あれやろーぜ」という人間が周りにいなかったから、ということが一番のような気がする。(具体的に何をしていたかはここでは割愛するが、「バカをくそまじめにやる」ということには、昔から執着していた)
 
調子がよくて、言いだしっぺで、正の空気で周りを巻き込んでいく。そして、どこか憎めない。そんな人間に憧れていた。いや、今もそうだろう。だから、白馬の王子様待望論を振りかざすのだ。王子様がいなかったから、なろうとしたけれど、僕にはその役目は荷が重すぎた。そう、「奔放な女子に振り回されたい」とそれは根っこが同じところにある。
 
みんなをクラブ見学に気軽に誘えるような人間になりたかった。そんなこと、と多くの人は思うだろう。ただ、これを理解できる人とできない人の間には大きな隔たりがあるような気がする。別に、それがいいとか悪いとかは一切ないんだけど。そんな「星」みたいな人になりたい、という気持ちそれ以上に「いいね、やろうやろう!」と思わせてくれる人が欲しかったんだと思う。
  
 
同じような人が同じところに集まるってのは、一定の正しさがあると考えていて、だったらただ思い待ち焦がれるよりは、もう一度、「これやらない?」「こういう楽しいものがあるんだよ!」って言う側にいくのもいいのかもしれない。僕を再びWZ!に向かわせたのも、ひょっとして、ね。いつか遠い遠い先の日でもいいから「こういうの楽しそうじゃない?やってみようよ!」と言い合える関係性があちこちにできあがっているといいな、と思う。


「信頼」なんて言葉を口にする人間になるとは思わなかった
僕がたびたび患う「奔放な女子に振り回されたい欲」というのは、根底にある互いへの「信頼」というものへの想いが出発点なのだろう。そう、奔放のように見せて内側には憂いだったり人間としての規範意識があるというのが大前提なのだ。 僕は、もう長く表層サーファーをやっているから、「信頼」のある人とのかかわりに飢えているのかもしれない。僕は独りが好きだけど、2人が憎いわけじゃない。幸福な景色が、再び訪れる日は果たして。

参考:http://www.youtube.com/watch?v=27JJmMmB8p8

author:みかんぱ


特集「好きで断絶を越えていく」

posted by 編集部 at 02:06| Comment(0) | 特集2010.10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

「好きで断絶をこえていく」〜橋をかけて〜

Wowee Zowee!読者のみなさまはじめまして。ほびろと申します。どうぞよろしくお願いいたします。


さて、これから書こうとしているのは野球のことです。
「客商売にしてはならない話あり。政治と野球と宗教と」
…というのは鉄板なのに初回から野球ですよ!大丈夫でしょうか!?


でも、これは「嫌い」という深い溝に「好き」という橋がかかったときのことなのです。


***


私は子供の頃からずーっと野球が大嫌いでした。

好きなテレビがお休みになる・展開が遅くて試合時間が長い・応援がうるさい・野球好きなひとの熱くて長い話が苦手・解説をしてるひとが偉そうで嫌い・選手がもっちりゴツくて格好悪い…。

なんだか、テレビが見たくて逆恨み。みたいな感じがしますが、とにかく野球のどこがいいのか、何が面白いのか、ちっともわからなかったのです。だから、「嫌い」と言って憚りませんでした。


なのに、ある日「ビール飲みに行かない?」と騙されて連れていかれたのが野球場でした。

芝の緑が視野いっぱいに広がる様子とか、テレビで見かけた選手をすぐそこに見る不思議な感覚とか、ビールの売り子さんの声や、周囲の歓声とかのなにもかもに最初は戸惑い圧倒されるばかりでした。

でも、少しずつではあるのですが、野球が「好き」で、この試合にわくわくしてる人がここにこんなにいるんだということがとても素敵なことに思えてきたのです。敵味方はあっても、ここにいるひとが「好き」なものに触れていることだけは間違いないと。

ちなみに、ルールはわからなくっても大丈夫でした。ビール飲んでるだけで楽しかったです。(ちがう)


そして、その試合の終わりが近くなった頃、私が見たのは特大のホームランでした。
白いボールがぐん!と空を切ってこちらに向かって飛んできて、
周囲の音がすべて消えたような気がしたその瞬間、

私はうっかり野球が好きになりました。


***


たったボール一個のことですが、私には、あんなにも鮮やかに気持ちが「嫌い」から「好き」に塗り替わったという経験が他にないのです。ものすごく嫌いだったことのなにもかもを「なにか」が好きに変えてしまう。本当にそういうことがあるんだと、そんなことが自分にも起こるんだと、教えてもらった出来事でした。

私は「好き」が橋でもあると思っているんです。誰かや、なにかと、自分の間にかかる橋。
その間には谷や川があるのかもしれません。でも、「好き」はそれをこえていきます。
ときに時間をかけて、ときにあのボールみたいに一瞬でアーチをかけて。


そんな奇跡を見てみたい。そう、思っているのです。


author:ほびろ


特集「好きで断絶を越えていく」

posted by 編集部 at 02:18| Comment(0) | 特集2010.10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

特集2010.10

特集:「好き」で断絶を越えていく


潔癖な時代をみなさんいかがお過ごしでしょうか。WZ!第二期のスタートを告げる特集は、編集長の趣味全開であります。えへへ。

夢のアイテム、インターネットの登場からはや何年でしょうか。僕たちの世界は以前と比べ物にならないくらい広がりました。自らが求める世界に容易にアクセスが可能となったことはもとより、そのすぐ隣には自分の知らないキラキラした空間が存在している、その事実に興奮を覚えたものです。

しかし、時が経つに連れその世界があちこち閉鎖的になり、相互間の断絶が深くなっていくのを強く感じました。自らの価値観が絶対だと信じる無駄に攻撃的な表現、「興味ない(あるいはキライだ)けど、なんかすごい!」というバイブレーションの欠落…。

かつて世界に満ち溢れていた「僕はこんなことが好きなんだ。君は?」という幸福で熱っぽい語りを取り戻したい。「好き」という感情そのものにフォーカスし、断絶を越えていきたい。そのための、まずは編集部からの「好き」話。でもね、編集部員からも言われたんだよね。「コーナーで好きを語るのに好きで特集組むってどーゆーこと?」って。確かに。だからまあ、特集というか所信表明みたいなもんですよ。この先僕らは「好き」を思う存分語るぞっていうね。だから、あなたの「好き」もぜひ教えてねっていう、さ。

まあ、前置きはこれくらいにして。並べられた単なる「好き」の集合であるはずのものが、どうかあなたの目に楽しく映りますように。過剰な同一視と共依存で安い「神」にすがり続ける人とはここでお別れ。さあ、僕らのパーティーの時間まであとほんの少し。


author:みかんぱ

posted by 編集部 at 01:03| Comment(0) | 特集2010.10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

Editor's Note 2010.10

ようこそ、WZ!第2期へ。そう、まさかの第2期であります。再開や停止に至る経緯はまあいろいろ書いたからね、今日はちょっと編集部の話をしたいと思います。1期の頃とちょびっとメンバーも変わりまして、相変わらずの遅筆がどうしようもない編集長もそれなりに動いたり、なんとなくそれっぽい話し合いがあったりして、部活ぽくていいなあ、なんて考えている日々です。まあそろそろメンバーが「やっぱやめときゃよかった」と思うころではないかと思いますが(締切って怖いよね)、とりあえず編集長としてはそこからつながりがはじまっていく姿が見えたことと、「すき」が集まってくるその幸福なバイブが感じられたことだけでも再開を宣言した価値はあったのかなと思います。あとは、実は少なくなかったWZ!ファンが可視化されたこととか。はは。

いけない、編集部の話だった。そうだな、メンバー紹介をしようかな。まあ僕のことはいいや。1期から引き続きのメンバーはLucieal(るしーる)くんとモリシさん。人となりはなんとなくエントリから感じられると思いますが、お二人ともいい感じにこんがらがった(ほめことばです)、素敵なボーイ&ガールです。ニューフェイスは2名。ちきんちーたさんとほびろさん。紹介しよう、とか言いながら勝手でアレですけど、先の2人と同じでやはりエントリから何かを感じ取ってもらうのが一番か。だって、ここにはそれぞれの「好き」が集まっているのだから。まあそもそも紹介できるほど編集部のこと知らないんだよねw でも、それもアリだよね。何でもかんでも知ってる方がなんか怖い。とか何とか言い訳しつつ、その実「人の紹介」が苦手なだけだったりします。僕、自己紹介すらできないもんな。昔からダメなんですよ。アレ。だって、初対面のその人との間で自分がどんな人間になるかなんてまだわかんないのに何かを説明しなくちゃいけないんでしょ。難易度たけー。おっと、また関係ない話で長引きそうだ。いかんいかん。

ま、そういうフラフラした編集長ではありますが、WZ!2期が1期以上に愛される場であることを願ってエントリを書き続けます。皆さまからもさまざまな声が寄せられ、たくさんの「好き」が集う場であればよいと思っています。その詳細はあとがきで。まずは、WZ!10月号を全力で楽しんでください。では。

author:みかんぱ


 
posted by 編集部 at 02:06| Comment(0) | Editor's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。