2010年12月31日

楽しかったら大正解

2010最後のWZ!いかがでしたでしょうか。柄にもない特集だったので、なんだかくすぐったい気持ちです。僕をよく知る人であれば驚くかもしれませんね。自分ひとりだったら絶対考えもしないもんな。プレゼント交換だなんて。

今回の企画を通してちょっと勿体無かったのかなと初めて思ったのが、季節のイベントを殆ど意識しない家庭で育ったこと。

そのイベント事に精を出さない感じは僕自身があまりそういうものに頓着しない、いや、正しくは当たり前に繰り返される日常が好きであまりそこに波風を立てたくなかったということが一番かな、まあそんな人間だったのが大きく影響しているのだとは思うのですが。
もちろん、一度もそんな話をされたわけではないけれど、父が仕事で家どころか日本にもいないことが多い中で、割と僕を中心に家の中が動いていたのを今になって強く感じます。


そんなことはさておき、そうした生い立ちが作用してか未だに風物詩的なものの楽しみ方がよくわかりません。そんな中での特集は僕個人にとってはかなりチャレンジングで乱暴なものではありましたが…。

お互いを知らないという要素が上手に作用していて、その辺はフラットに解消されていたのかな、なんて。そしてまたローファイというか、不格好でしょう?知らないから当然なんだけど、なんかこうこなれてないというか。でもその感じが編集部らしくていいのかな、とも。

寄る辺ないものたちの集会所、ままらないボーイズ&ガールズの秘密基地。それが「好きで断絶を越えていく」ことと並ぶ、WZ!のコンセプトだったりします。でも傷をなめあうことだけは絶対にしない。孤独は愛すべきものだけど誇るものじゃない。みんなで、みんなが楽しくなれたら、一緒に笑いあえたら、それが幸せ。

WZ!からのハッピーフィーリングというプレゼントは、あなたに届いたでしょうか。2010年はお世話になりました。2011年も、WZ!をよろしくお願いします。
 

author:みかんぱ

posted by 編集部 at 23:00| Comment(6) | 首謀者の手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

る印良品 9品目「年末ジャンボ青二才」

槍が降ったら定休日にせずに、あなたの身を守るための楯を販売予定。
いらっしゃいませ、こんばんは。
る印良品の営業担当のるしーるです。


何を書こうか逡巡しまくった結果として
丁度、好きなことをやれた現状から思ったことでも書いてみようと思うので
相変わらず舌足らずで思慮不足とは思いますが、お付き合い頂ければ嬉しいです。



さて、
あなたの「好き」はどっちの方向を向いていますか?
そしてどんな角度で、どんな深さで、どんな領域を指し示していますか?
(こんなことに疑問を持ち始める辺りどうなのかというあたりはタイトルに込めました


例えば「音楽が好き!」と一口にいっても
・楽器の音が好きなのか
・ボーカルの声が好きなのか
・音の重なりが好きなのか
・CDという媒体が好きなのか
・アーティストの生き様が好きなのか
エトセトラエトセトラ


とまあこんな感じに多数挙げることができます。
つまり一口に「好き」と言っても、一体それの何が好きなのか?って深く考えて見ないとわからないってことってありませんか?



では、僕は一体何が好きなのでしょうか?


ゲームで遊ぶのは好きだけど、そしてゲームの行く末を考えたいけど、職業にできるのか?
音楽を演奏するのは好きだけど、そしてCDを作りたいとは思うけど、作曲できるのか?


好きなはずなのに。無我夢中で駆け出したいはずなのに。
変な違和感。足が前に進みません。


現状で満足?いや、もっと対象に近づきたいはずなんです。


とまあこんな感じでもやもや悩んでいるような僕なのですが、みなさんはどんな感じなんですかね?



こんなことを考えていると「目的」と「手段」がよく逆になってしまいがちだなあと思い出しました。


僕はこの冬に念願のCD制作という目標を達成したわけなのですが
そもそも何故CDが作りたかったのか?CD制作は「目的」なのか「手段」なのか?


今回実際にやってみて、僕が1つ分かったことは、「CDを作るために音楽を作ろう」じゃなかったんだな、ということです。
僕は「尊敬する方々に近づきたいためにCDを作りたかったみたいです。


僕は高校ぐらいからずっと。自主制作音楽を作っている方々に憧れていました。
その音楽そのものが魅力的なのもありますが、何よりも、その方々が楽しそうに馬鹿やったりモノづくりをしている姿に憧れていました。


その方々のようになりたい、一緒に馬鹿やったりモノづくりしてみたい!
どうやったら近づけるのだろうかと考えた時、音楽を作ることが浮かびました。
音楽を作ることで同じ土俵に並べる。そうすればお話もできる!と考えたわけです。


だが僕に音楽を作ることは難しかった。


そこからCD制作に目標が移行したことを語りはじめると、長くなりそうなので割愛しますが
音楽→その到達点としてのCD→音楽ばかりでなくジャケットとかもカッコいい!→CD作ってみたい!
のような変遷を辿っていると思われます。


CDを作ってみたいなあと言い出してから、かれこれ6年ぐらいになりますが、全然作れる気がしておりませんでした。
収録する楽曲が無いとお話にならないにも関わらず、僕は前述した通り全然作ることができてません。
それを考えると今回実現できたことは本当に奇跡に近いと思います。



改めて
本当に僕は音楽が作りたいのか?
本当に僕は音楽が好きなのか?
好きなのになんでできないのか?


このギャップに暫く悩まされていました。単純に僕の努力が足りてないというだけだとも。
好きだからと言っても、何でも夢中になれるわけがなくて、向き不向きが発生することもありますか。




もうなんか本当にまとまらないので、今の僕の結論を述べますと
なんにせよ自分が好きだと思う気持ちには嘘をつかないで、例え苦しくてもちゃんと向き合うべきだよなあと思っています。
そうして曲がりなりにも続けていれれば、いつかなんとかなるんじゃないかなあと。
こんな僕だって続けていたお陰で、誰かと繋がることができました。
その結果、思い描いていた理想とは違ったとしても、目標は達成することができました。
これは何にもできないままでいるよりは全然良いと思っています。



また、ここでこうやって文章を書けているのも、そういった繋がりのお陰かと思うと
例え様々な要素に足をとられてしまっても、僕はやりたいと思ったことや好きなことは貫きたいなあと思います。




それではこの辺りで。また次回お会いできれば。
メモリーオブユース:入荷予定未定の「る印良品」でした。

author:るしーる


 
posted by 編集部 at 23:30| Comment(4) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

鶏の皮下脂肪 2メタボ 『映像を伴って音楽』

特集は『あなたが私にくれたもの〜』とか思いながら選んでいたので
今回のEditor's Noteには見抜かれたようでドキリとしたちきんちーたです。
ちょうど悩んでる時にFMで耳にしたのでずっと頭をグルグルしてました。
1回聴くとしばらく頭を離れない。色々な意味でしつこい曲ですね。


まあそれはそうとして。
今回もくだらない話をしましょう。
前回適当にお茶を濁したのは話題が選びきれなかったというのが本音です。
とりあえず他の人の出方を見てそこからアイデアをパk…いただくことにしました。

で、ほびろさんの記事を読んでMotion Graphicsって言うのかそれ!と思いました。
私も映像と音がリンクしているものが大好きなんです。
今回は私が好きな映像と音がリンクしているPVについてご紹介してみようかと思います。
Motion Graphicsではないけど音と映像がリンクするようなPVを。
最近はなかなか動画漁る時間取れてないので古い作品中心に。


やっぱりとりあえずはミシェルゴンドリーの作品からですかね。
有名だしご存知な方も多いと思いますがすごく良いんです。
とりあえず1番シンプルでクールだと思うこれを。
The Chemical Brothers - Star Guitar

格好良いし気持ちが良い。
音の粒が可視化される感じ、音ゲーのプレイ動画にそっくりですね。
私自身は音ゲー全くやりませんが上手いプレイヤーさんの動画を見るのはわりと好きです。

同じくゴンドリーさん作品ではこれも大好きです。
Kylie Minogue - Come into my world
とても可愛らしいし曲にピッタリです。
初めての人は最初の1分くらいは『?』と思うかもしれないけど
そのうち『?』が『!』になるので我慢して見ててください。


さて。ゴンドリーさんからちょっと離れましょう。
Pet Shop Boys - Love etc.

可愛いけどどこかダークな感じが好きです。同性愛が出てきちゃうあたりPet Shop Boysな感じ。
Han Hoogerbuggeさんってオランダの人が作ってます。
ピンと来た人もいるかもしれませんがNAILSってサイトの中の人です。
私は中学時代この人の作るシュールでブラックな笑いを含んだflashに夢中になっていたのでこのPV見た時には『この絵柄にこんなところでお会いするとは!』と思いました。

これも一時期あちこちで話題になってましたね。
トレッドミルを使った低予算PV。全く演奏してないけど見ていて楽しい。
OK Go - Here It Goes Again

同じく見てて楽しい系。
よくわからんけどコサックダンスが軽快。
Basement Jaxx - Take Me Back To Your House

邦楽からもいくつか挙げてみます。
RAM RIDER - ベッドルームディスコ
モノクロとカラーの対比とかすごく好きなんですが
こちらはYouTubeで見つけられませんでした。(ニコニコ動画にはありました)

GOATBED - モニカ
とても可愛らしいアニメーションなんですけどサッと検索したところ見つけられず。

電気グルーヴ - ピエール瀧の体操42歳

正直どうしようか迷ったんですけど載せてしまったぞ。
こんな42歳…世の中には色々な人がいますね。
気になった人は30歳、36歳バージョンもあるので是非ご覧ください。
ちなみに私はどうしてもだるい朝にこれ聴きます。
そして『タイソーヨンジューニッサーイ!トーキョー!』と頭の中で叫びながら勢いだけで行動します。


別に音と動きがリンクしてなくてもとりあえずこの映像好きだ!って曲もあるんですが
そこまで広げてしまうと数が多くて何がなんだかわからなくなってしまうと思うので
それはまたの機会に。

これ考えてて思ったんですけど私はわりとPVから曲に惚れ込むことが多いかもしれません。
動画サイトで時間の許す限りPVを漁って好みの曲と出会うのは本当に楽しいです。
最近はYoutubeに動画を上げて宣伝しているレコード会社も多いですしオススメです。
もし素敵な動画に出会ったらどうか私にも教えてください。

文章を書いて人様のものと並べると私は破滅的に文章が下手くそだなと思います。
もっと精進せねばなりませんね。ここまで読んでくださった方に感謝。
それでは皆様よいお年をお迎えください!

author:ちきんちーた


 
posted by 編集部 at 23:30| Comment(3) | 鶏の皮下脂肪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

[ほびろ箱]2箱目:〜あみもの〜

こんばんは。ほびろです。

前回より「ほびろ箱」と題しまして、私の「好き」が詰まった箱をあけておりますが、
今回の箱は「あみもの」です。「あみもの」です。すいませんすきなんです。

:: :: ::

おそるおそる書き始めてみる今回の「ほびろ箱」なんですが、
あの、「あみもの」ってなんかちょっと怖くないですか?
「イッツ・ア・マイワールド☆」って感じしませんか?
もしくは怨念込めてそうなイメージありませんか?
なのであんまり人に話したことがなかったのですが、
今回は勇気を出して少しあみものを語ってみようと思います。

ところで、なぜ今回「あみもの」だったかというと、
ちまたで流行ってるらしいと耳にして驚いたからです。
たしかに、急にあみものの本が増えたなって謎だったんです。
なんちゃらガールさんとかなんとか女子のおかげなんでしょうか?
さっぽりついて行けてないけどありがとうです、ガール&女子たち!

さて、冬のイメージが強い気がするあみものですが、
夏にはコットンとか麻の糸が出ているので、
それで小物をコツコツと編んでいます。
冬はもうね、あみもの祭りロングランです。
新作の糸とか見てるだけでテンション上がります。

そうやって一年中なにかを編んでいる私ですが、
できた作品にはあまり愛着らしいものがありません。
飾って眺めて、とかじゃなくってガシガシ使い倒します。
作品というより、消耗品と言ったほうが近いかもしれません。
不思議がられるのですが、それはこういうことなんです。

あみものの何がいいか?って尋ねられたら『無』と答えます。
紅茶とか飲んでね、うふふーってしてるんじゃないんです。
編み図を浮かべなくても手が動き続け、思考がゼロとなる。
編んでるときにそんな「無心」が味わえるのが好きなんです。
「それ瞑想でいんじゃね?」って言われたら返事に困るんですが。

ちなみに私の師匠も「無心」タイプです。あみものマッシーンです。
信じられないことにほとんど手元を見ないで編んでいます。
しかも『手編みのざっくり感』とかなし!機械編みのように美しい!
達人の『ざっくり感』は演出です。なにかに通じる学びでした…。


※今年の夏に編んだものを写真に撮ってみました。
いかにも
ぼかしかけてみましたよ!なんかこういうイメージじゃないですか?

だけどこれをね、『無』で編んでたんです…。(遠くを見つめながら正直に…)

:: :: ::

というわけで、はずかしいので駆け足でお送りしました二箱目のほびろ箱でした。
それではまた次回、別の箱をご用意してお待ちしております。どうぞよいお年を!

author:ほびろ

posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | ほびろ箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

BEST DISC番外編

現在、夕焼けあんたいとるど。の方ではBEST DISC2010を開催中です。こちらも年内に更新が終わるはずだったんですがね…はは。

さて、ここではその番外編としてBEST SONGでもやろうかと思ったんですが、どれがシングルで出たのか分からない上に300枚以上の部屋に散乱してる今年の作品を1からあたっていくのもアレなので、今年印象深かった曲を5曲振り返りますね。
 
 
Written In Reverse / Spoon

今年一番耳が喜んだアルバムで一番好きな曲。とにかく一音一音の鳴りがかっこよすぎるぜ。
 
 
Excuses / The Morning Benders

アルバムver.よりこのセッションの方がいいんじゃないのかな…。素敵。
 

Clay Stones / We are the world

プレゼントの話でも出てきましたけども。いや、俺にはアートはわかんね…こえーよ…。
 
 
Girls FM / Happy Birthday

今年1番のキラーチューンは間違いなくこれ。完璧すぎる1曲。
 
 
Crave you Feat. Giselle / Flight Facilities

今年のベストビデオか。やたら扇情的。トラックももちろんいいですが。
 
 
さてさて。2010BEST DISCはどの作品が1位なんでしょうかねえ。

author:みかんぱ


posted by 編集部 at 23:30| Comment(0) | あの1枚、この1節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月26日

Reader's Voice 2011.12

こんにちは、再び広報部次長のリサです。
ここでは皆さんから寄せられた声を紹介します…って何で12月号のこの枠を私が今更新しなくちゃならないんですか。編集長、どこまで自分の力を過信してるの!自分に見合ったスケジュールを2011年は立てましょうね。

さて、前回の船出号に寄せられたお声です。
 
こんばんは。WZ!、1期の頃から読んでいます。「好きで断絶を〜」とても面白いテーマでした。私は各々の異なる「好き」が、独立して尊重し合えるのが健全な集団だと思っているので…同じテーマに対して執筆者さんごとにバラバラな色で返していたのが、逆に清々しかったです(笑)【みったぎ】


ありがとうございます!これには編集長も大喜びでした。「意図していたことが伝わってよかった!」とか何とか。「これで死んでもいい!」だそうです。そのまま死んでしまえばいいのにね、とか言うと怒られるので、あれですかね、「あなただけの身体じゃないんだからそんなこと言わないで!」でいいですかね。
 
「Reader's Voice」では皆さんからのお声を募集しています。記事の感想、私へのファンレター、叱咤激励、私へのファンレター、疑問質問いちゃもん、私へのファンレター、なんでもOKです。
番組公式アカウント(http://twitter.com/wo_zo)に@なりDMなりを送っていただければと思います。

送ってくださる際は「WZ!への掲載の可否」もお知らせいただけると幸いです。否、の場合は私と編集長だけがニヤニヤします。皆さんからの温かいメッセージ、お待ちしています!
  
 

author:リサ

posted by 編集部 at 23:30| Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の私のクリスマスソング2010

こんにちは、編集部広報部次長のリサです。
更新は年明けになってしまいましたが、実はクリスマス特集にはもうひとつ記事がありました。せっかくなので編集部がセレクトするクリスマスソングでもってやつです。といっても編集長はどうしてもクリスマスが自分のこととして考えられない人なので除外。だってあの人、「クリスマスキャロルの頃には」で止まってますからね。本当に古い人ですね。やれやれ。


=============================

ほびろ's Xmas Song

■Christmas Interpretations / Boyz II Men
■Christmas Smile Everyday / Full Of Harmony
■Sister Act 2: Back In The Habit / Various Artists - Soundtracks,Whoopi Goldberg

コーラスグループが好きだった頃があって、Boyz UMenのクリスマスアルバムは毎年寒くなると無性に聴きたくなります。初期なんでまだ荒削りな感じがあるんですが、それもまたよしです。Full Of Harmony は、あざとくハッピーな感じのCM曲。実はこれ以外の曲を知りません…。あと、クリスマス時期によくテレビでやってた映画のサントラを一枚。恥ずかしいんですけどこの映画、大好きなんです。おそらくどこかで聞いたことがある、「Oh Happy Day」「Joyful, Joyful」も良いのですが、他にも素敵な曲が。ウーピーの歌はアレですけども(笑)。でも、幸せな場面が浮かぶ音楽って聞いててハッピーになります。(ほびろ)

 
=============================

ちきんちーた's Xmas Song
 
・I Wish / L'Arc〜en〜Ciel
冬な曲だしたぶん全曲中2番目にクリスマスの曲っぽい。
街角でふと感じるクリスマス系クリスマスソング。
どうでもいい話『真白な天使』が『前肢の無い天使』に聴こえてドキッとすることがある。嫌な空耳だ

・Hurry Xmas / L'Arc〜en〜Ciel
1番ストレートにクリスマス曲。
聴いた瞬間ラルクは一体どうしちゃったの?と思ったくらい浮かれたクリスマス曲。
こちらは暖房ガンガン効いてる室内でパーティー系クリスマスソング。
曲名からしてクリスマスすぎるので私はこの曲をクリスマスシーズンにしか聴けていない。

・the silver shining / L'Arc〜en〜Ciel
これはすごく迷った。わかりやすいクリスマス曲は2曲で尽きた。
街角→パーティーと来たのでパーティーの後ということで。
疲れた後この曲のベースラインのゆらゆらうねうねに身を任せたい。
もはやクリスマスでも何でない。

余裕があればクリスマスソングも選べやコラと編集長が仰せになっているので罪悪感からやるわよ!
思いつかないので1番好きなバンドってことでラルクアンシエルからサックリと3つです。(ちきんちーた) 

=============================
 
モリシ's Xmas Song

1 まっ白な夢/ぽろり・カジリアッチ3世(中尾隆聖)
2 まっ白/小田和正
3 きよしこの夜/KIYOSHI(氷川きよし)
 
上から幼稚園児〜小学生、高校、中学、の各時期の家族との思い出で3曲。「にこにこぷ
んのクリスマス」はかなりの名盤なんですが、今どこかで入手できないものか・・・!小田
さんは曲によって春夏秋冬かなりはっきりしてまして特に冬と早春の曲が好き。氷川きよ
しはまさかの河村隆一プロデュースなのに完全におやじギャグ題でどうしようって感じで
すが、クリスマス感わきわきのクドい良作です。しかし大好きだったにこにこぷんの着ぐ
るみ、画像検索して冷静に見ると怖いよ!!(モリシ)
 

=============================
 
るしーる's Xmas Song

1:「メリークリスマス・アンディーメンテ」
http://www.youtube.com/watch?v=Gx0YT2WNkbk

2:「SUNSHINEX'MAS」
http://www.youtube.com/watch?v=yQr-KnqxU6Y&feature=related

3:「merryX'masMiss.Y,our life is perfect.」
http://www.youtube.com/watch?v=A2z1O1lQJrM&feature=related

さて、どう説明したものでしょうか・・・。
これらの動画は全てフリーゲームを作っている方が作った動画です。


正直言って、クリスマスはあんまり好きじゃないです。
子どものころは無邪気に楽しめましたが
「テンプレート的なクリスマス」など送れるわけもなく
それこそタイトルのような思想を掲げていた時期もありました
まあ幸せそうな世間が憎かったってやつですね
それこそ「ダンプカーで教会に突撃すっかー」と思ったりとか

そんな時期にこれらの楽曲に動画付きで出会ったわけです。
これらで語られているクリスマスの描写はとても僕の心に響きました。
後ろ向きだとしても、とても暖かかったし
しんみりと今年を振り返れたし
こんな風にクリスマスを過ごしてみたいとも思ったし。

あと、これらの曲に思い入れがある理由としては
ファンメイドで、毎年クリスマスに、作者に向けて動画を作ること、集まってやっていました。
2番目の動画が実際に作ったやつです。僕は写真を2枚ほど提供してます。
この制作に打ち込んでいる間は、寂しさとかそういったものは全然無くて、妙な充実感があったのを覚えています。
それが終わったあとに急にさびしくなったりするのはまあそんなもんです。

今回は3曲とも同じ作者という独断と偏見ぷり
しかもクリスマスの幸せな気分に水を差すことにもなるかもしれない勢いですが
まあ世界のバランスをとるということで1つ・・・。
来年があったら、また違ったクリスマスソングを紹介できると思います!(るしーる)
 
posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | 特集2010.12 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。