2010年12月31日

楽しかったら大正解

2010最後のWZ!いかがでしたでしょうか。柄にもない特集だったので、なんだかくすぐったい気持ちです。僕をよく知る人であれば驚くかもしれませんね。自分ひとりだったら絶対考えもしないもんな。プレゼント交換だなんて。

今回の企画を通してちょっと勿体無かったのかなと初めて思ったのが、季節のイベントを殆ど意識しない家庭で育ったこと。

そのイベント事に精を出さない感じは僕自身があまりそういうものに頓着しない、いや、正しくは当たり前に繰り返される日常が好きであまりそこに波風を立てたくなかったということが一番かな、まあそんな人間だったのが大きく影響しているのだとは思うのですが。
もちろん、一度もそんな話をされたわけではないけれど、父が仕事で家どころか日本にもいないことが多い中で、割と僕を中心に家の中が動いていたのを今になって強く感じます。


そんなことはさておき、そうした生い立ちが作用してか未だに風物詩的なものの楽しみ方がよくわかりません。そんな中での特集は僕個人にとってはかなりチャレンジングで乱暴なものではありましたが…。

お互いを知らないという要素が上手に作用していて、その辺はフラットに解消されていたのかな、なんて。そしてまたローファイというか、不格好でしょう?知らないから当然なんだけど、なんかこうこなれてないというか。でもその感じが編集部らしくていいのかな、とも。

寄る辺ないものたちの集会所、ままらないボーイズ&ガールズの秘密基地。それが「好きで断絶を越えていく」ことと並ぶ、WZ!のコンセプトだったりします。でも傷をなめあうことだけは絶対にしない。孤独は愛すべきものだけど誇るものじゃない。みんなで、みんなが楽しくなれたら、一緒に笑いあえたら、それが幸せ。

WZ!からのハッピーフィーリングというプレゼントは、あなたに届いたでしょうか。2010年はお世話になりました。2011年も、WZ!をよろしくお願いします。
 

author:みかんぱ

posted by 編集部 at 23:00| Comment(6) | 首謀者の手記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。