2009年09月04日

きむらの脳内 その1「ぶどう王とブランド品には気をつけろ」

きむらとみかんぱのおしゃべり連載です。
不毛すぎるので読まない方がいいかと…。

誰か書き手がいればなあ!

み=みかんぱ
き=きむら
 
 
 
 
み「よろしくお願いします」
き「はいどーも」


み「で、隔週でやっていくことになりましたので…」
き「あー、隔週欠かさずね。毎週隔週欠かさず
み「毎週ではないです。なので、その度に君にこう、取材の申し込みをだね」
き「秘書を通してください」
み「どうせ暇だろ」
き「暇じゃねーよ。暇を持て余すのに精いっぱいだよ」
み「なるほど」
き「続けて」

み「まずね、最初の更新ですから。おたくに初めてふれるという方もいらっしゃるわけですよ」
き「ほう」
み「今までラジオを聴いてくださってた方以外なんかは特にね」
き「ラジオでは生い立ちからすべて話してましたからね」
み「なるほど」
き「続けて」

み「だから、自己紹介しろっての」
き「なるほど」
み「挨拶みたいなものをね」
き「そうですね、じゃあまずはどっぷりとつかってもらいましょうかね
み「ちょっと何言ってるか分かりませんけども」
き「基本的に僕は下ネタが大好きじゃないですか」
み「そうですね」
き「否定しなさいよ。だから君は…」
み「ああ、すいません。そうなんですか?」
き「ああ、そうですか(?)」
み「www」
き「じゃあ、あれですよ、ここで僕が下ネタ好きかどうかひと騒動起こしましょうか」
み「あの、できれば穏やかな方向で…」

き「なるほど。まあ簡単なプロフィールでいいますと」
み「おう」
き「溶接工のちょっとシャイな」
み「ほう」
き「ボーイミーツガールですよ」
み「配管工?」
き「配管工ですね
み「マリオ…?」
き「いや、それはちょっと違います」
み「ルイージ?」
き「ではないです」
み「ではないですか」
き「基本的に"さらう方"なんで」
み「www」
き「www」
み「クッパの方?」
き「その方向でお願いします」
み「なるほど」
き「で、君の方はどうなんだい?君の方の説明は」
み「僕は別にいいです」
き「君はどうなんだよ」
み「僕はいいじゃないですか」
き「まあ大して語れることもなく…」
み「www」
き「話すべきものもないので、語らずともよいと」
み「カチンとくるなあ」
き「初めての人のために語った方がいいですよ」
み「なるほど」
き「なぜみかんぱと名乗っているのか、本当の名前は何なのか、とかね」
み「後半おかしいだろ」


み「あのー全然話変わって申し訳ないんですけど」
き「はい」
み「先日そちらにも同窓会の便りが届いたかとおもうんですけど」
き「来てないです
み「wwwwwwwwwwww」
き「来てなブフォッww来てないですww」
み「まあどうせ行かないですよね」
き「んー、スケジュールの方がね」
み「ああ、配管工のお仕事が」
き「ええ。」
み「具体的にどういうお仕事を…」
き「まず潜りますね」
み「ww」
き「潜って金目のものを」
み「怒られるぞ」
き「地上に出てくると、入った場所と違うという。まあ俗にいう浦島効果…」
み「マリオさん?」
き「ではないです」
み「ではないんですね」
き「花食って火だしたりしませんもん」
み「あれ食ってるんですか?」
き「そうです。星を取って無敵になるというのは、自分の一番星を見つけて夢を掴んだ的なそういうノリで」
み「ムフッw そういう意味があったんですね。なるほど。でも、だったらずっと無敵でいいじゃないですか」
き「やっぱ夢って一瞬なんですよね
み「wwww」
き「手に入るまでがいいカンジというね」
み「なるほど。では、次の夢に向かって、立ち向かっていくというかね」
き「そうです」
み「そういうことなんですねえ。じゃああの1UPキノコというのは…」
き「あれはちょっとした幻覚作用ですね。」
み「www」
き「自分が一人増えたように感じるという」
み「これはまた微妙にタイムリーな話題で」
き「アガリクスですか?
み「wwwwwwwwww」


み「最近どうですか」
き「まあ特に言いたいこともなく。風邪ひいたくらいですかね」
み「大丈夫ですか」
き「大丈夫かと聞かれたら大丈夫と答えるのが男の性ですね」
み「男らしいなあ。やっぱり風邪くらいじゃ休めませんもんね、お仕事」
き「そうですね」
み「配管工の」
き「はい、配管工の
み「体調管理しっかりしないと」
き「でもね、忘れたころにやってくるのがね。君も気をつけなさいよ」
み「ありがとうございます」
き「君の代わりはいくらでもいるけども
み「お気づかいありがとうございます」
き「おう
み「wwww」
き「wwww」

み「最近地震が多いですけれども、きむらさん流の地震対策などあれば、教えていただきたいなと」
き「あのー、僕の部屋のベッドの真上にですね、エアコンがあるんですけれども」
み「はい」
き「以前、大きな地震が起きた際にですね、エアコンが顔に落ちてきたらまずいなーと思って手で顔を覆いました
み「wwwwwww」
き「ww」
み「やっぱり手があるのとないのとでは全然ダメージが違いますからね」


み「甲子園を見てると若いっていいなーと思いますね」
き「ああ、あの白球のもとに若人たちが集うという例の甲子園ですね」
み「そうですそうです」
き「僕らも白球に夢を乗せた時期がありましたからね」
み「そうですね。てか僕はホントにそうでしたけど」
き「あら、そうですか」
み「ええ。きむらさんも白球に夢を?」
き「僕の場合、ボールが黄色かった気がしますけども」
み「www それ、あれですよね、Nittakuとか書いてありますよね」
き「そうですねw」
み「イチローモデルとかではなく」
き「ワルドナーモデル
み「wwww」
き「タキファイアだのタキネスだの」
み「まあ一部の人にしか分からないというね」
き「そうですね。まあ分かった人はそれこそピンポンという
み「やかましいわwwwwwwwwww」

み「いやあ、今のは炸裂しましたね。完璧なスマッシュですよ」
き「ちょっと興奮してきました」
み「wwww なんか負けて悔いなし、みたいなさわやかな気持ちになるというかね」

<大胆に中略>

み「やっぱりね。読みに来てくれている方というのは、何かしらの悩みを抱えていらっしゃると思うんですよ」
き「悩みを抱えてここには来ないと思いますよ
み「(無視して)やっぱりこう、きむらさんのありがたいアドバイスを聞きたいみたいな」
き「いや、ないですないです」
み「やっぱ鳴りやまないでしょ、電話とか。メールとかはがきとかね」
き「来ますね
み「wwww」
き「www」
み「だから、そういう方々にアドバイスをいただきたいなと」
き「ふむ」
み「例えばね、先ほど甲子園の話なんかが出たけれども、そういう悩める10代の青少年たちにね、力強いメッセージとか頂戴したいわけですよ」
き「がんばれ受験生!」
み「できれば受験生以外の方にも…」
き「どかんに潜ってハードな日々をやりすごせ!」
み「マリオさん?」
き「ピーチ姫からは何かありませんか
み「誰がピーチ姫だよ。ももじゃないです。みかんです」
き「じゃあキノピオでいいですね」
み「キノピオでもないです」
き「そうですか。で、ピーチ姫からは何も」
み「誰がピーチ姫だよ。さらわれたりしませんから、僕は」
き「ああ、あんなバカじゃないと」
み「そうですよ、だいたいなんであんな何回もおんなじパターンでさらわれてるんですか、彼女は」
き「まあブランド品大好きですからね」
み「意外と現実的w でも城にいるからそういう高級品たくさんあるんじゃないんですか」
き「いや刀狩りとかしたから」
み「は?」
き「w 刀狩り→農民不満→税金下げる→ブランド品買えない、ですよ」
み「ピーチ姫刀狩りしてたんですか」
き「ピーチ姫というか…あの〜、その…きょ、巨峰王が
み「きょほうおうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
き「wwww」
み「アッハッハッハッwwwwwwきょwwwブッフェwww」
き「ムフォwwww」
み「なんですか巨峰王って」
き「どうしました」
み「きょほうおう…言いにくッ!」
き「ぶどうです、ぶどう」
み「デヒヒwwそんな人がいるんですかw」
き「僕はいい名前だと思いますよ。人の名前を笑うな!!
み「すいませんw 彼が刀狩りを?」
き「ええ、だからある意味ピーチ姫は被害者ですよ。そこをクッパが狙って、エルメスあるよ、リムジン乗せるよとだね」
み「んふっw じゃあしょうがないですね」

posted by 編集部 at 23:59| Comment(0) | きむらの脳内(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。