2010年01月24日

エッセー音型 vol.6「シックスセンス・ノン・ザ・リッチャー」

第六回です。
シックス・センスじゃなければ、ハーレイ・ジョエル・オスメントでもなウイッシュ!
最近、つまらないジョークが浮かびません。ひぃ、すみません!つまらなくない方はもっと浮かびませんごめんなさい!
ともあれ、これは正月ボケかも知れませんね。(責任転嫁)

さて、和尚が2でお正月です。言ってみればツインドラムの月です。ダブル木魚の爆音系ロック和尚です。
皆様、正月はどう過ごされたでしょうか?
自分は今年、寝正月が出来ませんでした。予定が詰まっていて家にほとんどいなかったように思います。
家に帰れない分、車で音楽を聴くことが多かったです。特に、自分の編集したドライブ向け音楽ベストなど。
ネタが思いつかないので今回は、なんとなく自分の編集CDの作り方でも紹介しようかなと思います。


1.まず、空のCD-Rを用意します。

2.服を脱ぎます。

3.服を着ます。

4.ちょっとだけ、優しいきもちになれます。

5.CD-RをPCにぶちこみます。

6.読み込むまでの時間つぶしにカップラーメンを作る必要はありません。

7.それでもカップラーメンを作ってしまった時は、砂時計をひっくり返しておきましょう。

8.iTunesなりWindows Media Playerなりご贔屓のプレイヤーを起動します。

9.プレイリストへ、テーマに沿って好きな曲を20〜30曲くらいぶちこみます。

10.CDで20曲以上はちょっと多い気がするので、どういう流れにしようかイメージしつつ曲数を絞ってゆきます。

11.15曲くらいまで減らしたところで、最初と最後の曲を決めます。特にお気に入りか有名どころを持って来るとテンションが上がります。

12.それから、4の倍数くらいの曲順に山場となりそうな盛り上がる曲を持ってきて、収録曲を聴きながら、間を曲のテンションの落差が出ないように並べます。

13.ラーメンがのびています。修行が足りませんね。

14.全体の形が揃ったかなと思ったら、曲の終わりと次の曲の始まりの繋がり方に違和感ないか確認して、OKならCDを焼いてみます。ジミヘン的な意味じゃありません。

15.焼き上がりまで時間がかかりますので、こちらに既に焼き上がったものがあります。

16.レッツプレイ。高らかに吠えます。『NO MUSIC,NO LIFE!!!』

17.隣人に「うるさい」と言われます。

18.「ひぃ、ごめんなさい!」

19.編集したCDとのびたラーメンをお詫びに持っていきます。

20.仲良くなります。


こんな感じです。音楽の力を持ってすれば人と人との間が簡単に繋がりますねっ。これを読んだ方は早速、「これはのろいのCDです。このCDを聴いた人は、同じ内容のCDを五枚作ってそれを配り終えない限り、不幸につきまとわれる事になります」的な旨のCDを作って人と繋がってみたらいかがでしょうか。
いずれホントにシックス・センスを持つ人と繋がれる……カモ?

つまらない冗談はさておき、今年も中身のつまらない記事ですが、よろしくお願いしますね。
ではでは、遠く、時の輪の接する処で、また逢いましょう。(BGMはSixpence none the RicherのKiss Meで)

author:ソニドリ

posted by 編集部 at 21:41| Comment(0) | エッセー音型(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。