2010年09月16日

再始動に向けて

WZ09.jpg

なんというオフィスワード。

さて、ようやく、でありますが、再始動に向けての気持ちが整いました。僕の中で大きかったのは長年抱いてきた気持ちを、「否定からのそれでも」「日常への回帰」そして「連帯への憧憬」という言葉でレジュメすることができたからだと思う。

http://d.hatena.ne.jp/mikanpa/20100914/1284481452

毎日そのコントラストに触れているから余計そう感じるのかもしれないが、僕は笑顔が好きだ。自分も、周りも、笑顔。みんなが、みんなで、楽しい。
 
もう充分泣いたじゃないか。笑おうよ。みんなで。「楽しいなあ!」て感じようよ。
傷を舐め合う関係は気持ちがいいよね。でもそのために新たな傷を作るとか、やっぱり変だよ。見透かした黒い黒い表現に自分をゆだねてしまうのはもうやめようよ。

「好き」という共通言語で断絶を突破していきたい。その願いは今も変わりません。
どうか、一人でも多くの人が日常に回帰できますように。自分と、その日常を「好き」と言えますように。


Wowee Zowee!再始動前のプレ号は、来週から編集長と、再始動への背中を強く押してくれた一人の編集部員の記事で、リスタートの詳細を語ります。怠惰な自分の火が消えぬうちに、これを記します。
 

author:みかんぱ





posted by 編集部 at 00:53| Comment(0) | Editor's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。