2010年09月22日

る印良品 7品目「ブレイク目指してスルー」

皆様いらっしゃいませこんばんは。
そして、お久しぶりでございます。

麺類と卵ばかりの食生活でお馴染みのるしーるです。


突然ですが、【本気】って素晴らしいですよね!
【本気】
[名・形動]
1:まじめな気持ち。真剣な気持ち。また、そのさま。「―を出す」「―で取り組む」
2:めんこなどの子供の遊びで、勝てば相手の出したものを取れるというルール。ほんこ。

引用(http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/205928/m1u/%E6%9C%AC%E6%B0%97/)


当然ここで取り上げるのは1の意味です。

そして【本気】の類語を見てみると
1:思考・決意などの意味での【本気】
真剣・まじめ・熱心・必死・正面から
2:行動・意欲などの意味での【本気】
乗り気・気張る・やる気・本格的・本腰・ガチンコ

引用(http://thesaurus.weblio.jp/content/%E6%9C%AC%E6%B0%97)
どちらかというなら2より1に近い感じでしょうか。


僕が普段【本気】を感じるのは、創作物からです。漫画であったり、音楽であったり、そして文章であったり、動画であったり。それらを見た時・聞いた時に【本気】をビシバシ感じて、僕の心は動かされます。いわゆる感動と言う奴です。


そして僕は【本気】にとても憧れます。


辿り着けない目標ではなくて、ただの気持ちの持ちようなはずなのに、届かない。
【本気】を出したことはあるはずなのに、自由に出し入れできない。肝心な時に使えない。
例え頑張ったとしても、【本気】を出しているかと自問自答すると、まだまだできそうな気がしたり、怠けていた気がして、そんなんまだまだ【本気】じゃないぞって思ってしまいます。
「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という訓示である「メメント・モリ」は、毎日【本気】で生きないと後悔するぞと言っているのでしょう。
この言葉にも、共感し自分の生き方に取り入れて生きたいなと思えども、そう簡単にいくはずもないわけです。


【本気】の概念は人によって異なるから、何をもって【本気】とするのか。
自分の中でも明確な基準があるわけじゃないのですが、その行為に筋がきちんと通っていたり、生き様に共感したり、理想を見た時に【本気】を感じます。


つまり何が言いたいかというと、みんながみんな【本気】で生きたら世界はどうなっちゃうの?、というか【本気】で生きるのってかっこ悪いの?そんなわけねえだろうが!とか、自分が何故【本気】になれないのか、【本気】への憧憬を抱えて生きていくのは沢山だからそんな憧れるような【本気】なんか捨てて生きたいようにいきるべきなのかとか、相変わらずグニャグニャ考えて堂々巡りする僕の思考というわけです。


とりあえず僕は【本気】にはとても好感が持てるということがわかって頂ければ幸いです。


内容がとっちらかっているのはいつものことということで、今回の営業は終了させて頂きます。
負の螺旋構造の中で足掻き続ける「る印良品」でした。

author:るしーる

posted by 編集部 at 02:27| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。