2010年10月22日

そもそも断絶なんて本当はないんだ

好きで断絶をこえていくってなんだか難しいですね。
そもそも断絶なんてあるんだろうかと思っています。

好きって対象が幅広くて本当にたくさんありますよね。
人と人の間を「○○が好き」で繋ごうとしたら完全な断絶はなさそうに思えませんか。
お互いに『ホント意味わかんねえよお前!』って思っていても
実は何かしら『それ自分も好きだわ』って思える項目があるのではないでしょうか。
このテーマはそういうことを表してるのかな。ズレてたら1人勘違い劇場!恥ずかしいですね!

ネットの文字での繋がりだと普段の生活よりずっと繋がりやすい気がします。
twitterでわいわい『○○が好き!』『わかる。僕も好きなんだ!』って話すだけでもなんとなく親近感。
細かい感覚の違いなんて気にしなくてもなんとなく親近感。
住所・年齢・顔・普段の言動が全くわからない相手でもあら不思議!
なんとなく知り合いのような気分になれます。
twitterやっててこういうお手軽な親近感を感じる瞬間がわりと好きです。
これだけで友達になっただとか相手のことを全部わかっただとか錯覚し始めたら危険ですね。
でも親近感自体は悪いものではないと思います。
ただし自分のクズっぷりを『同じ人もいるんだから大丈夫だー』って安心するのはいけない。
自分のための努力に他人がどうしてるかは関係ないですよね。
もしかしたらその人はダメ人間キャラを演じてるだけかもしれない。
ダメっぷりを誇張してるかもしれない
(っていうかネットでダメっぷりをネタにしてる人はダメだと自覚してるからネタにしてるのであって…)
こんなこと偉そうに書いてるけど自分自身がよく『ハッ…いかんいかん!』となります。
(100%自戒のために書いております。)
 

精神を健康に保つためにも向上心って大事。
自分の場合どこかで『自分サボってるなー』って思いながら休憩してる人を見て『ほら休んでる人もいるし大丈夫大丈夫』って言い聞かせてるとだんだん心が弱ります。
向上心のある休憩は次に続くお休み。
向上心のない休憩はただのサボり。
そんな気がしてます。サボるのと休むのは違う。
休むことはすばらしいです。楽しい気分転換にもなるし体も元気になる。
サボりは罪悪感になって楽しくないし後々の心が弱くなる。
同じ時間過ごすならサボるのではなくて休みたいですね。
がんばりすぎてる人!休むのは悪いことではない!
サボりと休みは違うのだ!堂々と休んでください。
恥ずかしい話ですが私はこの年になってやっとそのことに気付きました。
 

大きく脱線しましたが頭が散らかってうまく書けないのでこのままで。
『好きで断絶をこえる』の道を外れて思考が一人旅に出て行き倒れてしまいました
とりあえず無理矢理もとに話を戻そう。
『好きで断絶をこえていく』このすごく青臭い感じ…き、嫌いじゃない。
そんなに青臭いことばかり言ってられる年齢ではないですけどたまには良いじゃない。
自分がここに書いた文章は数ヶ月後には黒歴史に。
そして数年後のちょっとした思い出になったらいいなあ。
あと皆の好きなものの話、たくさん読めるといいなあ。
かなり流れに無理がありますけどこれ以上続けると本当に収拾がつかなくなるのでこれにておしまい。
はー。難しいですね。
 

author:ちきんちーた


特集「好きで断絶を越えていく」

posted by 編集部 at 03:42| Comment(0) | 特集2010.10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。