2010年12月22日

Editor's Note 2010.12

年の瀬。今年もあっという間だった。たくさんやりたいことがあった気がするのだけれども、そうか、あともう数日で終わりなんだね、2010年も。

個人的に何らかのイベントごとというものをあまり好まないのであるが、特別な何かに参加せずとも、いつもと空気の流れなどが変わったことが感じられるこの年末年始の時期が大好きである。幸福なことに「今年はどんな一年でしたか」の問いを聞く度に楽しかったことばかりを探そうとするわけで、そういう意味では僕はかなり恵まれた人生を送っている気がする。感謝、感謝である。その感謝を形にする、それがプレゼント。だがもちろん、その謝意の表明は「贈り物」の一面にすぎない。

僕も昔はいっぱしに「喜ぶあなたの顔が好き」の立ち位置にいたわけだけれども、今では贈り物というものは究極の自己満足であり、またそうあるべきだと思いこんでしまっている節がある。思えば相当何度の高いゲームである。僕は、あなたのことをいったいどこまで理解しているというのか?「これが好きだろう、これが似合うだろう」そんな視点を持つほど、僕はあなたのことを思っているのだろうか?「楽しいのは俺だ」と開き直れたら、どれだけ楽だろうか。つまり、今の僕はそこに逃げ込んでしまっているわけである。確かに、個人的には「相手がどう思うか」をすっ飛ばした感じになっているプレゼント選びの姿は好きだ。そしてその末に渡されたものなら、大抵のものなら心から喜べる自信がある。だけど、その姿は、誰とも向き合えないが故の空虚な姿じゃないだろうか。
 
 
贈り物。なんて悲しく楽しい一方通行だろうか。その悲しさを巧みに表現したこの曲がもう20年も前なのか。
 



「心」を、「ワタシノココロ」を至上のものとする、そんな切迫した時代だからこそこういうシニシズムは必要なんじゃないのかな。僕は、僕自身という個人がむき出しになった場合、とたんに心の大切さと物の大切さが、同じくらいに扱い方が分からなくなる。その度にこの曲を思い出すのだ。

心を込めることの恐怖と覚悟と向き合って、傷ついて、そこからが全てのスタート。時代は、いつになったら「さよならしてあげる」のかしら。それを求めるバズはいつ大きくなるのか。

編集部一同、今月号も一生懸命心を言葉に乗せました。タイトロープ上のつたないダンスを、それでも「あなた」と分かり合おうとする姿を、どうか、贈り物として楽しんでもらえますように。
 
 

author:みかんぱ


 
posted by 編集部 at 00:13| Comment(0) | Editor's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

Editor's Note 2010.10

ようこそ、WZ!第2期へ。そう、まさかの第2期であります。再開や停止に至る経緯はまあいろいろ書いたからね、今日はちょっと編集部の話をしたいと思います。1期の頃とちょびっとメンバーも変わりまして、相変わらずの遅筆がどうしようもない編集長もそれなりに動いたり、なんとなくそれっぽい話し合いがあったりして、部活ぽくていいなあ、なんて考えている日々です。まあそろそろメンバーが「やっぱやめときゃよかった」と思うころではないかと思いますが(締切って怖いよね)、とりあえず編集長としてはそこからつながりがはじまっていく姿が見えたことと、「すき」が集まってくるその幸福なバイブが感じられたことだけでも再開を宣言した価値はあったのかなと思います。あとは、実は少なくなかったWZ!ファンが可視化されたこととか。はは。

いけない、編集部の話だった。そうだな、メンバー紹介をしようかな。まあ僕のことはいいや。1期から引き続きのメンバーはLucieal(るしーる)くんとモリシさん。人となりはなんとなくエントリから感じられると思いますが、お二人ともいい感じにこんがらがった(ほめことばです)、素敵なボーイ&ガールです。ニューフェイスは2名。ちきんちーたさんとほびろさん。紹介しよう、とか言いながら勝手でアレですけど、先の2人と同じでやはりエントリから何かを感じ取ってもらうのが一番か。だって、ここにはそれぞれの「好き」が集まっているのだから。まあそもそも紹介できるほど編集部のこと知らないんだよねw でも、それもアリだよね。何でもかんでも知ってる方がなんか怖い。とか何とか言い訳しつつ、その実「人の紹介」が苦手なだけだったりします。僕、自己紹介すらできないもんな。昔からダメなんですよ。アレ。だって、初対面のその人との間で自分がどんな人間になるかなんてまだわかんないのに何かを説明しなくちゃいけないんでしょ。難易度たけー。おっと、また関係ない話で長引きそうだ。いかんいかん。

ま、そういうフラフラした編集長ではありますが、WZ!2期が1期以上に愛される場であることを願ってエントリを書き続けます。皆さまからもさまざまな声が寄せられ、たくさんの「好き」が集う場であればよいと思っています。その詳細はあとがきで。まずは、WZ!10月号を全力で楽しんでください。では。

author:みかんぱ


 
posted by 編集部 at 02:06| Comment(0) | Editor's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

再始動に向けて

WZ09.jpg

なんというオフィスワード。

さて、ようやく、でありますが、再始動に向けての気持ちが整いました。僕の中で大きかったのは長年抱いてきた気持ちを、「否定からのそれでも」「日常への回帰」そして「連帯への憧憬」という言葉でレジュメすることができたからだと思う。

http://d.hatena.ne.jp/mikanpa/20100914/1284481452

毎日そのコントラストに触れているから余計そう感じるのかもしれないが、僕は笑顔が好きだ。自分も、周りも、笑顔。みんなが、みんなで、楽しい。
 
もう充分泣いたじゃないか。笑おうよ。みんなで。「楽しいなあ!」て感じようよ。
傷を舐め合う関係は気持ちがいいよね。でもそのために新たな傷を作るとか、やっぱり変だよ。見透かした黒い黒い表現に自分をゆだねてしまうのはもうやめようよ。

「好き」という共通言語で断絶を突破していきたい。その願いは今も変わりません。
どうか、一人でも多くの人が日常に回帰できますように。自分と、その日常を「好き」と言えますように。


Wowee Zowee!再始動前のプレ号は、来週から編集長と、再始動への背中を強く押してくれた一人の編集部員の記事で、リスタートの詳細を語ります。怠惰な自分の火が消えぬうちに、これを記します。
 

author:みかんぱ





posted by 編集部 at 00:53| Comment(0) | Editor's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

Editor's Note 2010.1

もうこんなタイミングかつ今号もスタートが遅れるなか恐縮ではございますが、あけましたね。今年もよろしくお願いします。

今回は休日の話をひとつ。

極度の出不精な僕にも数少ない休みに「ちょっと足をのばして…」なんて思わせるくらいに今住んでいるところは、まあ交通の便がやはり地方都市のそれとは比べ物にならない。
おかげさまで休みらしい休みを過ごさせていただくことが多くなった。いつも一人だけど。まあ家で仕事をしていることの方が圧倒的だが…。

さて、今までの自分の人生を振り返ってみると、その時々の自分の周囲の景色や空気を愛でることに心血を注いでいたような気がする。
そこには「居場所はあるが、帰る場所がない」というどこか屈折した感情が下地としてあったはずだが、そこから考えるに、この街への愛着のなさは一体何なんだろうな、と。

というわけで、この街を愛でることにしたのがつい先日のこと。
その道しるべとなるのは、やはり、当たり前だが「すき」なのだ。

思えば、遠くへと歩みを進めようが、近場へと赴こうが、
いつだって僕を導いてきたものは「すき」だった。

我々はどうしても、「きらい」でつながろうとする側面がある。
「きらい」は便利な代物だ。だがやはり、醜く、不必要に鋭利だ。

それを全否定はもちろんしない。
アクセントとして自在に使いこなせるくらいハッピーな自分と世の中であればいいと思う。

そのためには、まずは臆面もなく「すき」を発信しよう。
内輪でもにょもにょやるんじゃ意味がない。全く異なるように見えるものでも、「すき」その1点だけで結ばれていきたい。

2010年もこれにこだわっていきたい。
じゃないと、何もかもダメになっちゃいそうだ。
ビコーズ、アイラヴユー2010である。
 
posted by 編集部 at 01:30| Comment(0) | Editor's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

Editor's Note 2009.12

坊主も走り回る師走、皆さまいかがお過ごしでしょうか。WZ、12月号でございます。

私も例にもれず、多忙な日々を過ごしております。
いやもう、ほんと年末すごい忙しいね。一週遅れのスタートにしたにも関わらず、ほとんど原稿書けませんでした。すいません。
まあ普段からほとんど書けてないのにあちこちのブログ並行させるとかないわな…なはは。


さて、今年己の無力さ以上に一番強く感じたことは、振り返りの重要性だったなと。
結局、先々のことを考えるには現状を正しく認識し、目標と進捗を日々しっかり管理する、ということができていないとどうしようもないんだなあ。
そのための時間を作ることも仕事のうちってね。現状厳しすぎるけど。

というわけで、振り返り。そう、1年の振り返り。
今年もAlbum Of The Yearの選定作業に着手しているところです。
正直な話、時間的余裕も一枚かんでいるとはいえ、昨年がおもしろすぎて今年はどうにもって感じがぬぐえない。
各誌のランキングもそれはそれはもうつまらない。しかもなんか「色」が無くなっちゃって、どこもかしこも似たような感じ。
でも、そんなときって、個人レベルのそれがすごく面白かったりするわけです。というわけで、年末はあちこちブログを飛び回ってみようかなあ、なんて。

振り返りついでに言っておくといわゆる「今年流行した言葉」みたいなものが毎年話題になるわけですけれども、
いつもは失笑して終わりなんですが、今年に限ってはなんだか言葉そのものやらそれをはやらせようとする意図やらなんてものよりも、その中身自体や、それに気持ち良く乗っかって自分をカテゴライズしてご満悦、みたいな人らに無性に腹が立っております。
矛盾の上で、個性的、自然体気取ってやがれ。

おお、いかんいかん。何だろうね、よっぽど中学生あたりの頃の方が穏やかだったよ。
キレる中高年、とかそういうタームでくくられるようになるのかな、僕も。やれやれ。
そんな時こそ、すきを語ろう、持ち寄ろうということで、愛に溢れたWZ12月号、1週間よろしくお願いします。

posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | Editor's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。