2010年12月30日

る印良品 9品目「年末ジャンボ青二才」

槍が降ったら定休日にせずに、あなたの身を守るための楯を販売予定。
いらっしゃいませ、こんばんは。
る印良品の営業担当のるしーるです。


何を書こうか逡巡しまくった結果として
丁度、好きなことをやれた現状から思ったことでも書いてみようと思うので
相変わらず舌足らずで思慮不足とは思いますが、お付き合い頂ければ嬉しいです。



さて、
あなたの「好き」はどっちの方向を向いていますか?
そしてどんな角度で、どんな深さで、どんな領域を指し示していますか?
(こんなことに疑問を持ち始める辺りどうなのかというあたりはタイトルに込めました


例えば「音楽が好き!」と一口にいっても
・楽器の音が好きなのか
・ボーカルの声が好きなのか
・音の重なりが好きなのか
・CDという媒体が好きなのか
・アーティストの生き様が好きなのか
エトセトラエトセトラ


とまあこんな感じに多数挙げることができます。
つまり一口に「好き」と言っても、一体それの何が好きなのか?って深く考えて見ないとわからないってことってありませんか?



では、僕は一体何が好きなのでしょうか?


ゲームで遊ぶのは好きだけど、そしてゲームの行く末を考えたいけど、職業にできるのか?
音楽を演奏するのは好きだけど、そしてCDを作りたいとは思うけど、作曲できるのか?


好きなはずなのに。無我夢中で駆け出したいはずなのに。
変な違和感。足が前に進みません。


現状で満足?いや、もっと対象に近づきたいはずなんです。


とまあこんな感じでもやもや悩んでいるような僕なのですが、みなさんはどんな感じなんですかね?



こんなことを考えていると「目的」と「手段」がよく逆になってしまいがちだなあと思い出しました。


僕はこの冬に念願のCD制作という目標を達成したわけなのですが
そもそも何故CDが作りたかったのか?CD制作は「目的」なのか「手段」なのか?


今回実際にやってみて、僕が1つ分かったことは、「CDを作るために音楽を作ろう」じゃなかったんだな、ということです。
僕は「尊敬する方々に近づきたいためにCDを作りたかったみたいです。


僕は高校ぐらいからずっと。自主制作音楽を作っている方々に憧れていました。
その音楽そのものが魅力的なのもありますが、何よりも、その方々が楽しそうに馬鹿やったりモノづくりをしている姿に憧れていました。


その方々のようになりたい、一緒に馬鹿やったりモノづくりしてみたい!
どうやったら近づけるのだろうかと考えた時、音楽を作ることが浮かびました。
音楽を作ることで同じ土俵に並べる。そうすればお話もできる!と考えたわけです。


だが僕に音楽を作ることは難しかった。


そこからCD制作に目標が移行したことを語りはじめると、長くなりそうなので割愛しますが
音楽→その到達点としてのCD→音楽ばかりでなくジャケットとかもカッコいい!→CD作ってみたい!
のような変遷を辿っていると思われます。


CDを作ってみたいなあと言い出してから、かれこれ6年ぐらいになりますが、全然作れる気がしておりませんでした。
収録する楽曲が無いとお話にならないにも関わらず、僕は前述した通り全然作ることができてません。
それを考えると今回実現できたことは本当に奇跡に近いと思います。



改めて
本当に僕は音楽が作りたいのか?
本当に僕は音楽が好きなのか?
好きなのになんでできないのか?


このギャップに暫く悩まされていました。単純に僕の努力が足りてないというだけだとも。
好きだからと言っても、何でも夢中になれるわけがなくて、向き不向きが発生することもありますか。




もうなんか本当にまとまらないので、今の僕の結論を述べますと
なんにせよ自分が好きだと思う気持ちには嘘をつかないで、例え苦しくてもちゃんと向き合うべきだよなあと思っています。
そうして曲がりなりにも続けていれれば、いつかなんとかなるんじゃないかなあと。
こんな僕だって続けていたお陰で、誰かと繋がることができました。
その結果、思い描いていた理想とは違ったとしても、目標は達成することができました。
これは何にもできないままでいるよりは全然良いと思っています。



また、ここでこうやって文章を書けているのも、そういった繋がりのお陰かと思うと
例え様々な要素に足をとられてしまっても、僕はやりたいと思ったことや好きなことは貫きたいなあと思います。




それではこの辺りで。また次回お会いできれば。
メモリーオブユース:入荷予定未定の「る印良品」でした。

author:るしーる


 
posted by 編集部 at 23:30| Comment(4) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

る印良品 8品目「たまにはほくほく顔になってもいいじゃない」

さあ、いらっしゃいませこんばんは。
冬の足音もしんしんと聞こえてきたこの時期ですが、皆様如何お過ごしでしょうか?
冷たい木枯らしが吹いて身を寄せ合う妄想とかしたところで温まりません。
そんな「る印良品」は今日も元気に営業中です。


今回は、この時期ならではの、る印良品一押しの商品をひたすら賛歌させて頂きます。
心の準備はOKですか?お腹は空いていませんか?歯は磨きましたか?


では。

さて
秋です。
食欲の秋です。
そう、秋スイーツです。

僕はそもそも辛いものが苦手で完全に甘党なのですが、当然お菓子が大好きです。大好物です。

お菓子。それは悦び。あの甘さのなんと甘美なこと。
僕は基本的に食を軽視してしまいがちなのですが、お菓子はちょっと手を抜くわけにはいきませんね。

特に、秋が旬の素材を使ったお菓子がとてもとてもとても好きです。
というわけで今回は秋のお菓子自分語りです!


☆さつまいも
でました。
紫に輝く黄金の延べ棒。

いや焼いても良し、蒸かしても良し。カレーに入れても良し。よく洗えば皮ごと食べれちゃうし。
お手軽に食べれるさつまいもお菓子だと、「さつまいも蒸しパン」とか「おさつどきっ」とかでしょう。
がしかし、ここはですねやはり「スイートポテト」とか「大学芋」を推したいところですね。

「スイートポテト」は至高!
裏漉しされたさつまいもの滑らかさとそれを焼いた香ばしさ。おしゃれな味に改変されているかのような外見とは裏腹に、きちんとした素材の味の延長線。

「大学芋」はお手軽に作れるところが良いですね!
さつまいもと砂糖さえあればそれっぽいのが作れますし、何よりさつまいもだ。やっぱり素材の味が一番ですよね!


☆栗
でました。
鋭い棘に隠された黄金の実。

くりはマロンマロンしていておいしい!

「マロンパイ」がまたやばいんですよ!
僕が大好きなお店のマロンパイは、ボリュームのあるサクサクのパイ生地に、素材の味を活かした栗のあんと、まるまる一個の栗のブランデー漬けが入っていてもう我慢できない。

「モンブラン」はド安定ですよね!
個人的な嗜好を言わせて頂くと、栗は丸々1個使われていて欲しいし、栗クリームは外側じゃなく内側にも潜ませて欲しいですね。
色々なお店で違いがあるのがまた素晴らしいのですけども。

「くりきんとん」は風情もある!
お高い感じがあるとは思うのですけども、THE栗のような素材の良さを120%引き出すような味は、思わず日本文化を誇りたくなります。


☆かぼちゃ
でました。
深緑の鎧に包まれた黄金の塊。

ほくほくでまったりとした甘さと、お菓子だけではなく、普段の食事にまで使用される万能さ。

「スイートパンプキン」
スイートはさつまいもだけに付けられる冠ではなく、かぼちゃにも相応しいと思うのです。
さつまいもとまた違った甘さの種類と香ばしさのコンボは、味覚を乱打していきますね。全く困った奴だ。

「パンプキンパイ」
パイは栗だけに(ry
かぼちゃの落ち着いた甘さに、パイ生地が加わることにより、鬼に金棒状態なこいつは全く手が付けられない。
他の果実系のパイに比べて、さくさく系というよりもしっとり系のパイ生地が多いと思うのですけども如何でしょうか?

「かぼちゃコロッケ」
お菓子として食べても良し、おかずとしても十分機能しうる。
まさに合法お菓子の名を欲しいままにするかぼちゃコロッケをどうしてお菓子の項から省くことができようか!いや!できない!
意図的な甘さを加えずに、素材の味を最大限に活かした甘さ。つまり季節によって味が異なるその素材っぷりは年中存在するにも関わらず食べるものに四季すら感じさせるのではないでしょうか!個人的には玉葱とかぼちゃの皮も一緒に入ったやつが好きです。毎日食べたいです。油には気をつけてね!


ぜえはあ・・・。
いやはや言葉は尽きないですが、皆様のお腹も空いた所だと思うので、この辺りにしておきましょう。

最後はお菓子繋がりだけであれなのですが、以前友人と計画したドーナッツ100個祭りの写真でお別れしましょう。
あまあま!.jpg
ごちそうさまでした。


それでは。
だけどたまには甘酸っぱいのも欲しくなる「る印良品」でした。

author:るしーる

posted by 編集部 at 23:23| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

る印良品 7品目「ブレイク目指してスルー」

皆様いらっしゃいませこんばんは。
そして、お久しぶりでございます。

麺類と卵ばかりの食生活でお馴染みのるしーるです。


突然ですが、【本気】って素晴らしいですよね!
【本気】
[名・形動]
1:まじめな気持ち。真剣な気持ち。また、そのさま。「―を出す」「―で取り組む」
2:めんこなどの子供の遊びで、勝てば相手の出したものを取れるというルール。ほんこ。

引用(http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/205928/m1u/%E6%9C%AC%E6%B0%97/)


当然ここで取り上げるのは1の意味です。

そして【本気】の類語を見てみると
1:思考・決意などの意味での【本気】
真剣・まじめ・熱心・必死・正面から
2:行動・意欲などの意味での【本気】
乗り気・気張る・やる気・本格的・本腰・ガチンコ

引用(http://thesaurus.weblio.jp/content/%E6%9C%AC%E6%B0%97)
どちらかというなら2より1に近い感じでしょうか。


僕が普段【本気】を感じるのは、創作物からです。漫画であったり、音楽であったり、そして文章であったり、動画であったり。それらを見た時・聞いた時に【本気】をビシバシ感じて、僕の心は動かされます。いわゆる感動と言う奴です。


そして僕は【本気】にとても憧れます。


辿り着けない目標ではなくて、ただの気持ちの持ちようなはずなのに、届かない。
【本気】を出したことはあるはずなのに、自由に出し入れできない。肝心な時に使えない。
例え頑張ったとしても、【本気】を出しているかと自問自答すると、まだまだできそうな気がしたり、怠けていた気がして、そんなんまだまだ【本気】じゃないぞって思ってしまいます。
「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という訓示である「メメント・モリ」は、毎日【本気】で生きないと後悔するぞと言っているのでしょう。
この言葉にも、共感し自分の生き方に取り入れて生きたいなと思えども、そう簡単にいくはずもないわけです。


【本気】の概念は人によって異なるから、何をもって【本気】とするのか。
自分の中でも明確な基準があるわけじゃないのですが、その行為に筋がきちんと通っていたり、生き様に共感したり、理想を見た時に【本気】を感じます。


つまり何が言いたいかというと、みんながみんな【本気】で生きたら世界はどうなっちゃうの?、というか【本気】で生きるのってかっこ悪いの?そんなわけねえだろうが!とか、自分が何故【本気】になれないのか、【本気】への憧憬を抱えて生きていくのは沢山だからそんな憧れるような【本気】なんか捨てて生きたいようにいきるべきなのかとか、相変わらずグニャグニャ考えて堂々巡りする僕の思考というわけです。


とりあえず僕は【本気】にはとても好感が持てるということがわかって頂ければ幸いです。


内容がとっちらかっているのはいつものことということで、今回の営業は終了させて頂きます。
負の螺旋構造の中で足掻き続ける「る印良品」でした。

author:るしーる

posted by 編集部 at 02:27| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

る印良品 6品目「小話福袋―だから中身が残念でも許して笑える―」

Wowee Zowee!読者の皆様、そしてWowee Zowee!編集部の皆様。

明けましておめでとうございます!

いやーあっさりと明けてしまいましたね。
不肖このるしーる。これからもお客様に愛される「る印良品」というブランドを、ひいては『Wowee Zowee!』もより盛り上げて行きたいなと思いますので、皆様何卒宜しくお願い致します!

という大きな事を言ってしまうのも年始の戯言ということでひとつ・・・。


さて、新年一発目という事で、今回は何をお話するかと言いますと

「人との会話」について語ってみようと思います。


かくいう私もあまり人付き合いも上手い方ではなく、わざわざ労力を割いてまでする他人との会話にあまり価値が見出せないでいました。
ですが、ある程度年をとると意識は変化するもので、最近は有識者の方のお話を聴くことや、気になる方とは実際にお会いしてお話したい欲求が凄く強くなってきました。

会話することでお互いの情報を交換するわけなのですが、その時の「価値観」や「視点」や「考え方」などの違いから生み出される衝撃が、最近の僕はとても心地良いと感じます。
自分の考えがいかに狭いものか思い知らされた時の衝撃は、ハンマーで直接脳みそを揺さぶられる様な、もやで曇っていた視界が劇的にクリアになるような、そんな筆舌に尽くしがたい感覚です。

身近な友人達との会話は、気兼ねなく何でも喋ることができる貴重なものですが、やはり「慣れ」てしまいます。以前は全く意識しなかったこの感覚が最近では生まれていて、見知らぬ人との会話する刺激を求めるのです。

自分とは全く違う環境で生きている方と会話をするには、当然何を喋らないといけないか考えなければなりません。その時間はとても緊張しますが、その分とても刺激的でスリリング、得るものはとても大きいです。

このインターネットのおかげで普段は全く縁が無いような魅力的な方々と出会え、そしてコンタクトがとれ、会話ができるとは素晴らしいとは思いませんか。

そんな魅力的な会話なのですが、そこに行き着くまでが私にとってはとても難しいものなのです。

勇気が、圧倒的に勇気が足りません。
こういう時につい考えてしまうこととして「自分はプラスになるので嬉しい」けど「相手は自分と会話することは何かプラスになるのだろうか」とかなんとか考えてしまいます。
まぁこういう事はネガティブな思考以外の何者でもないので、考えるだけ野暮ですし考えないに限るのですが、頭の中が無理矢理遠慮する理由を生成してしまう傾向にあります。
また、私は話下手でもあるので躊躇いに拍車がかかります。

なので今年はたとえ下手でも、たとえ嫌われてしまっても、色んな方々と会話を積極的に行っていきたいなと思うのです。


改めてインターネットのおかげで、普段触れ合えないような方々と出会う事ができた事やこういった意見を書ける場があることに感謝しつつ、今回は終わりにしようと思います。ありがとうございました。

それでは、以上で今回の営業を終了させて頂こうと思います。
 

author:るしーる

posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

る印良品 5品目「剣と鎧と弓と斧と:協力しKnight!」

(深々と礼
では、「る印良品」5回目の営業となります。
今回は久しぶりに「The Lord of the Rings」に触れて感じた事などをつらつらと書かせて頂きましょう。


さて
映画化されかなり話題にもなったのでご存知の方も多いとは思いますが
「The Lord of the
Rings」というのは邦題を「指輪物語」とする、今から50年前にイギリスのJ・R・R・トールキンによって執筆された、ファンタジー小説です。
人間の他にホビットやエルフ、ドワーフなどの種族や、ゴブリンやオークなどのモンスター、伝説の武器や魔法など、現代のファンタジーに多大な影響を与えた作品です。
まぁ僕も映画とゲーム程度の知識ぐらいであまり詳しくは話せるわけではないので、説明はこの程度にさせて頂きます。

まぁ一言で言えばこういった世界が好きなのですよね。
世界観が凝ってて、世界地図なんか当たり前で、それぞれの地方の特色や独特の訛りとかあったりなんかして・・・。
その世界の空気の匂いさえ感じられそうなほど、思いっき作りこまれたファンタジーな世界観には魅せられますね。

あとはやはり剣と魔法の世界といったら「戦闘」ですよ!
魔法使いはいるといっても限られているので、当然戦闘の殆どは肉弾戦になるわけですよ。
現在の戦争は銃が中心ですが、この世界にはそんな便利なものはありません。
メインはもちろん剣・斧・槍・弓など。そして身に付けるは盾・鎧・兜・小手など。
移動は二本の足か馬か何かの動物だと相場は決まっております。


「相手の剣を避けて、こちらの剣を相手の胴体に叩きつける
だが相手はウルクハイという屈強な肉体を持つ種族、その程度では倒れない
相手の剣は重い、剣戟を受けた盾が吹き飛ぶ
盾が無くなって痺れた片手を、もう片方の手で持っていた剣に添え、無理やり握る
両手で持って剣を引きずりながら突撃
相手の剣戟をぎりぎりで避け、そのまま相手の顔めがけて振り上げる・・・」


上記の文章は僕が今勝手に考えたのですが、こういった血生臭く重い戦いが繰り広げられるわけですよ。
そんなに暴力が好きなわけではないのですが、こういった命の懸かった戦いというものは、こう胸が熱くなってしまいますね。

様々な種族。様々な武器。様々な戦局。
物語ももちろん面白いのですが、こういった要素が魅力的ですね。


基本的には正義が悪を倒すという勧善懲悪なお話なのですけども、敵の強大さが凄いので、最終的にはどうにか辛勝という形で終わっています。こういったのも大事です。
「勇気を持って仲間と協力すればどんな困難にも打ち勝てる」ということを、キャラクター達は身をもって僕達に教えてくれました。


いやはや(死語
つい熱くなってしまったせいで、興味が無い方にはとても滑稽でつまらないお話になってしまったかもしれませんね。
というわけで、今回はこの辺りで終了させて頂きます。

お前の隣で死ぬなら悪く無い「る印良品」でした。
posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。