2009年11月23日

る印良品 4品目「夏物在庫一掃セール後のがらんとした倉庫」

みなさま、いらっさいませ。「る印良品は」4回目も元気に営業させて頂きます!

やはり年月が過ぎるのは早いもので、10月という二桁に突入して暑い夏もどこへやら。(※るしーるくんゴメン!by編集長)
どんどん日照時間は短くなって、気温も[涼しい]から[寒い]にシフトしつつあります。
僕が住んでいる北国は、あと1ヶ月もすれば雪が降り始めるのでしょう。
というわけで、今回は「寒さ」について書かせて頂こうと思います。


さて
僕は暑いのがすこぶる苦手です。だから寒いのが好きです。
よって季節的にも夏より冬が好きなのです。
北国の大学に決めた理由の一つが、暑く無く寒い所であるぐらいです。

僕は一体「寒さ」の何が好きなのでしょうか?
寒いと感じると、生きているという実感が凄く湧くと言いますか、生きようと思うようになると言いますか
ぞくぞくする感じがたまらないのですよ。

こう感動する時に感じるぞくぞくとした感じ。
それに近い感じを寒さで感じる事によって、感情のすり替えみたいな現象がもしかしたら起きているのかもしれません。
ですが、それだけでは説明ができない感覚がまだまだ存在するのも事実です。

精神がキリリと引き締まるような。意識が心がクリアになっていくような。
夏には無い緊張感。雪の世界の静寂。
冬の夜明けのナトリウム灯の輝き。全てが止まってしまったかの様な感覚。
曇ってとても寒くて、今にも泣き出しそうな天気には
自分の寂しい気持ちをこの世界と共有できたような錯覚にも襲われます。

そして何よりも
寒さから暖かい空間や物体に触れたときの安堵感といったら。

温度という酷く表面的な情報の中にそれ以上の何かを感じられるのが僕達です。
そういう感覚を大事にしていきたいなと思います。


寒い中で肩を寄せ合って炬燵に入って鍋でもつつく日がまた迎えられるように
また少し頑張ろうと思えたのでした。


寒空夜明けのホットコーヒー「る印良品」でした。

IMG_4457.png

author:るしーる

posted by 編集部 at 23:50| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

る印良品 3品目「ゲーム考察売り場まで1500km」

こんばんわ、みなさま。
「る印良品」3回目の営業を始めさせて頂きます。

みかんぱさんは言いました「好き」を共有したいと。
そこで僕の「好きなモノ」とは一体何なのか考えてみました。
インターネットはもとより、音楽は大好きですし、漫画や小説も結構読みます。アニメや映画も見ますし、写真や映画を撮影したりもします。
また、そこまで得意とは言えませんがデザインやPCを使った作業も好きな部類に入ります。
優柔不断な僕は好きなモノすら優柔不断ですね。

その中で、自分でも胸を張って大好きだと言えるのは恐らくゲームでしょう。
アナログデジタル問わず様々なゲームが好きです。

ゲームをプレイする事も、もちろん好きなのですが
とりわけゲームを作っている方々や創り出したシステムなどが素晴らしいと思うのです。

ゲームは人を楽しませるために、労力や技術を惜しまない方達が作り上げた、最高峰のメディアだと思います。

そのゲーム好きが高じて、卒研もゲーム関係をやろうと頑張っているのですが、なかなかそううまくはいきませんね・・・。


ところで
ゲームは子どもの娯楽だと思っているそこのあなた、ちょっと考えて見ましょう。

例えば音楽も娯楽だと思います。無くたって生きていける。気晴らしや時間潰しの為に消費するメディアです。
けどとても多くの人々は日常的に音楽には触れています。
BGM程度に流して歌詞や楽曲の表面だけを受け取るだけの人もいれば
この歌詞はこんな事を暗示しているのではないか、またはこのフレーズはあの楽曲のモチーフではないかと考える人もいます。
また映画だって、単なる娯楽映画でも、実は社会を風刺していて、それに気付く人と気付かない人がいたりします。

これがゲームにも十分当てはまるのです。
ゲームにもメッセージは込められているし、当然作った人たちがいる。
ゲームで遊ぶ事に夢中になってしまって、その後ろまで考えが及ばない人が多い傾向にあるような気がしています。
そこをどうにかしたいなーと考えているのが今の僕だったりします。

少し知っている、少し気にする、少し考える。
それだけで得られる情報量や経験は段違いになると思うのです。
様々なメディアから莫大な量の情報が流入してしまっている。
それだけに一杯一杯になってしまうのが今の世の中なのかなと思います。

僕ももっと情報に流されず、吟味して広く深く知識を広げて行けたら良いなと思っています。


一応専門分野であるはずなのに、物凄くあやふやで曖昧な文章になってしまうあたりまだまだ勉強が足りないな・・・。
と、至らなさに嘆いた所で今回のコラムは終了させて頂きます。ありがとうございました。


圧倒的に根拠と客観的視点が足りない「る印良品」でした

author:るしーる


 
posted by 編集部 at 00:00| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

る印良品 2品目「雑音タイムライン売り手市場」

みなさま、こんにちはこんばんわおはようございます。
月曜日がやってまいりました。即ち「る印良品」営業日なわけです。
という事で、宜しくお願い致します!

突然ですが、他のメンバーの方々のコラムは読んでいただけたでしょうか!
音楽・お姉さん・メガネ・巨峰などなど、非常に個性豊かなエッセイを書かれておられて、僕自身とても楽しませて頂きました!

さて、今回はその中から、音楽について少し思うことがあったので書かせて頂こうかなと思います。
ちょっと僕の音楽遍歴について自分語りしてみようかなと思ったのですよ。


幼少の頃の僕にとって音楽とはそこまで好むものではありませんでした。
母親がピアノの先生だったという事もあり、環境としては非常に恵まれていたと思うのですが
当然のようにやらされていたピアノの練習が好きになれず、そこまで音楽にも興味が持て無い。
小5ぐらいでピアノの練習を止めてしまいました。

その後しばらく音楽とは無縁の生活を送ります。
カラオケに行く文化も無いまま時は過ぎていきます。

ここからは細かく書いてもあれだし非常に長くなりそうなので箇条書きで・・・

◆スパロボというゲームの影響でアニソンを聴くようになる。
→ガンタム...etc

◆同時にゲームBGMを聴くようになる。
→ファイナルファンタジーシリーズ・クロノトリガー...etc

◆個人が作成するゲームBGMアレンジ曲を聴いて衝撃を受ける。
→それこそファイナルファンタジーのアレンジとか

◆ひたすらアレンジ曲を漁る
→そりゃもう貪るようにひたすら

◆好きなアレンジャーさんのオリジナル曲を聴くようになる。
→こんな曲が作れるなんてと感動

◆好きなアレンジャーさんの同人CDを聴き漁る。
→同人CDの方が持っているCDは多いです

◆好きなアレンジャーさんが好きなアーティストの曲を聴くようになる。
→空気公団・筋肉少女帯・The Arcade Fire・Impellitteri...etc

◆ついったーで様々な人がオススメしあっている曲を聴くようになる。
→フジファブリック・サカナクション・ナンバーガール・Leahy...etc

そして今に至るわけですね。
おかげさまで非常に変な雑聴生活を過ごしておることがお分かり頂けるかと・・・。

あともう一つ音楽に対して変わった事があります。
それは僕が作曲や演奏に興味を持ったという事です。
僕と歳があまり変わらない方々が音楽を生み出しているのを聴いて
僭越ながら僕も「人の心を動かすような曲が作りたい!」と思いまして、打ち込みを勉強したりしました。
また同時に演奏にも興味を持ち始め、キーボードを購入してピアノを弾き直してみたり、憧れに任せてベースを購入したりしました。

が、やはり作曲は一筋縄ではいかないとても難しいものでした。
音響志望で入った自主映画製作サークルでBGMを作ろうとしたもの上手くいかず
今まで完成させることができた楽曲は殆ど無いと言って良いでしょう。

演奏も、殆ど一人で自己満足に弾いては止めの繰り返しでほとんど上達はせず
「バンドやってみたいなー」とは思うものの、実際に行動を起こす事はしないままでおります。
今でもその辺りの欲望は諦めきれていません。ずるずると欲望だけ引きずって燻っております。


後味が悪い感じの誰得な音楽遍歴でしたという所で、今回のコラムは終了させて頂きます。
ありがとうございました。それではまた次の営業日にお会いしましょう。


失って初めて解る「る印商品」の提供でお送りしました。

author:るしーる

posted by 編集部 at 00:00| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

る印良品 1品目「開店祝辞」

みなさま、はじめまして!
月曜日の「る印良品」を担当させて頂く「るしーる」と申すものです。

今回は第1回ということで、簡単な自己紹介とこれからの方針を少し書くことにします。
のでお付き合いくださいませー。


まずは改めまして「るしーる」といいます。
普段は北国で大学生などをやっております。

そんな僕が何故この企画に参加したのかと言いますと
首謀者のみかんぱさんがついったー上で「何かやるよ!」と言っていたので
首を突っ込みたがる性分の僕は思わず「お手伝いさせて下さいっ!」と食いついたわけですね。

僕は自分で「首を突っ込みたがる性分」と書きましたが
実際には「首を突っ込まないと何もやらないので、無理やり突っ込むことで何かを得たい」体質といいますかなんといいますか
とりあえず楽しい企画があったら、乗らなきゃ損だよな!という感じな生き方をしております。
おかげさまで色々中途半端な感じになっているのが悩みのタネなのですけども・・・。

さておき
では、ここ「る印良品」では何を書いていこうかという話なのですけども
もっぱら自由にざっくばらんなフリートークをしていこうかなと思っております。
というのも、自分に何かひたすら語れるものはなんだろなーと考えた時に
そこまで「語れるぞ!」という自信があるものが思いつかなかったのです。

そんなわけで、しばらく脈絡の無いような無鉄砲コラムが展開される事必死です。
僕が期待しているのは、他のメンバーの方々のコラムが非常に楽しみなので、それを読んで触発されて書くような感じになるのではないかと思っています。

えーと短いですが初回はこんなところで終わらせて頂きます。

それでは「る印良品」をはじめ「Wowee Zowee!」メンバーのこれからの更新をご期待下さいね!


お客様の期待を裏切る「る印商品」の提供でお送りしました。

author:るしーる

posted by 編集部 at 20:09| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。