2010年12月28日

[ほびろ箱]2箱目:〜あみもの〜

こんばんは。ほびろです。

前回より「ほびろ箱」と題しまして、私の「好き」が詰まった箱をあけておりますが、
今回の箱は「あみもの」です。「あみもの」です。すいませんすきなんです。

:: :: ::

おそるおそる書き始めてみる今回の「ほびろ箱」なんですが、
あの、「あみもの」ってなんかちょっと怖くないですか?
「イッツ・ア・マイワールド☆」って感じしませんか?
もしくは怨念込めてそうなイメージありませんか?
なのであんまり人に話したことがなかったのですが、
今回は勇気を出して少しあみものを語ってみようと思います。

ところで、なぜ今回「あみもの」だったかというと、
ちまたで流行ってるらしいと耳にして驚いたからです。
たしかに、急にあみものの本が増えたなって謎だったんです。
なんちゃらガールさんとかなんとか女子のおかげなんでしょうか?
さっぽりついて行けてないけどありがとうです、ガール&女子たち!

さて、冬のイメージが強い気がするあみものですが、
夏にはコットンとか麻の糸が出ているので、
それで小物をコツコツと編んでいます。
冬はもうね、あみもの祭りロングランです。
新作の糸とか見てるだけでテンション上がります。

そうやって一年中なにかを編んでいる私ですが、
できた作品にはあまり愛着らしいものがありません。
飾って眺めて、とかじゃなくってガシガシ使い倒します。
作品というより、消耗品と言ったほうが近いかもしれません。
不思議がられるのですが、それはこういうことなんです。

あみものの何がいいか?って尋ねられたら『無』と答えます。
紅茶とか飲んでね、うふふーってしてるんじゃないんです。
編み図を浮かべなくても手が動き続け、思考がゼロとなる。
編んでるときにそんな「無心」が味わえるのが好きなんです。
「それ瞑想でいんじゃね?」って言われたら返事に困るんですが。

ちなみに私の師匠も「無心」タイプです。あみものマッシーンです。
信じられないことにほとんど手元を見ないで編んでいます。
しかも『手編みのざっくり感』とかなし!機械編みのように美しい!
達人の『ざっくり感』は演出です。なにかに通じる学びでした…。


※今年の夏に編んだものを写真に撮ってみました。
いかにも
ぼかしかけてみましたよ!なんかこういうイメージじゃないですか?

だけどこれをね、『無』で編んでたんです…。(遠くを見つめながら正直に…)

:: :: ::

というわけで、はずかしいので駆け足でお送りしました二箱目のほびろ箱でした。
それではまた次回、別の箱をご用意してお待ちしております。どうぞよいお年を!

author:ほびろ

posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | ほびろ箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

[ほびろ箱]1箱目:〜Motion Graphics〜

こんにちは、ほびろです。お目にかかるのは2度目になります…でしょうか!?

さて、今回より「ほびろ箱」と題しまして、私の「好き」が詰まった箱をあけていきたいと思っています。なにぶん散らかった箱なので、なにが出てくるか本人にもわからないのですが、どうぞおつきあいくださいませ。

***

まず最初の箱は「Motion Graphics」です。
「なにそれ?」もしくは「なつかしい!」という感じでしょうか?
説明しようと思ったのですが、長くなるのでいきなり↓に丸投げしますね。

MotionGraphicsとは - google 検索


そもそも、なぜこれが好きかと気づいたかというと、ニュースやテレビ番組のOPとか、映画やゲームやCMのサウンド+アニメーションのロゴとか、そういうものを見ると胸がどきどきすることに気がついたからです。

もうね、「好き」に理由なんていらない。触れた瞬間に感覚の全てを奪って持ち去り、揺り動かし、ぎゅっと掴んで離さないでいて違う次元に放つみたいな圧倒的な力。その中にいるときの凝縮された時間と鼓動の速さと、わきあがってくる何もかも間違いないと肯定せざるを得ないような確かさ。それさえあれば充分。

…と、思ってしまうくらいに好きなのは、視覚と聴覚を持っていかれるせいもあるのでしょう。

最初はどうして好きか言葉にできなかったのですが、見ているうちにどうやら私は『音同期』(音楽と映像が同じタイミングで変化する)というものがどうしようもなく好きで、かつ大変心地良く感じられるのだとわかってきました。もう、ずっと浴びるように見ていたくなるのです。


その『音同期』を「こういうの」というのでお伝えできれば。(※音量注意!)



ドラムが鳴るのと同時に丸いものがぶわっ!と現れたり、泥のようなものがべたっ!となるのがそうです。なんだか気持ちよくありませんか?私はこういう瞬間にぞくぞくしたりどきどきしてしまうのです。

それに、光が曲名でもある蝶を冒頭で描き、それからギターの音と共に光の筋が蝶が舞うように走っていく様や、色彩選びのセンスや、曲と映像の魅せ方もたまりません。また、曲自体もこういうMG系によく用いられるような曲じゃないのが面白いなと思って今回はこれをご紹介させていただきました。

このMVを制作されたteevee graphics, incさんのサイトにはみなさまもご存じの作品ばかりですので、ぜひ一度。


それでですね、あまりにも好きが高じて作ってみたことがあるのです。イチから本とネットで勉強して。(まったく関係ないことしてる癖にね!)するとそれから楽しみ方が変わってきて、普段何気なく目にしてるMGにどんな技術が詰め込まれているんだろうと、作り手の目線からも見るようになってきました。

「何がどうなったらこうなる!?」と、ちょっとかじったくらいじゃ全然わからなくても、それすら面白くてしょうがありません。わかる部分が少しでもあるときには、「ここの数値はこれくらいかな?」とか「このActionScriptは…」とか「このマスクの使い方かっこいい!」なんて思って見ています。


今回の特集ではありませんが、これも「好き」で「見る側」と「作る側」の間にあるものを少し越えられたということなのかもしれませんね。

***

それでは次号、また別の箱をご用意してお待ちしています!

author:ほびろ

posted by 編集部 at 23:30| Comment(0) | ほびろ箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。