2010年10月19日

特集2010.10

特集:「好き」で断絶を越えていく


潔癖な時代をみなさんいかがお過ごしでしょうか。WZ!第二期のスタートを告げる特集は、編集長の趣味全開であります。えへへ。

夢のアイテム、インターネットの登場からはや何年でしょうか。僕たちの世界は以前と比べ物にならないくらい広がりました。自らが求める世界に容易にアクセスが可能となったことはもとより、そのすぐ隣には自分の知らないキラキラした空間が存在している、その事実に興奮を覚えたものです。

しかし、時が経つに連れその世界があちこち閉鎖的になり、相互間の断絶が深くなっていくのを強く感じました。自らの価値観が絶対だと信じる無駄に攻撃的な表現、「興味ない(あるいはキライだ)けど、なんかすごい!」というバイブレーションの欠落…。

かつて世界に満ち溢れていた「僕はこんなことが好きなんだ。君は?」という幸福で熱っぽい語りを取り戻したい。「好き」という感情そのものにフォーカスし、断絶を越えていきたい。そのための、まずは編集部からの「好き」話。でもね、編集部員からも言われたんだよね。「コーナーで好きを語るのに好きで特集組むってどーゆーこと?」って。確かに。だからまあ、特集というか所信表明みたいなもんですよ。この先僕らは「好き」を思う存分語るぞっていうね。だから、あなたの「好き」もぜひ教えてねっていう、さ。

まあ、前置きはこれくらいにして。並べられた単なる「好き」の集合であるはずのものが、どうかあなたの目に楽しく映りますように。過剰な同一視と共依存で安い「神」にすがり続ける人とはここでお別れ。さあ、僕らのパーティーの時間まであとほんの少し。


author:みかんぱ

posted by 編集部 at 01:03| Comment(0) | 特集2010.10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。