2010年01月26日

矯正視力2.0 4本目

ずいぶんとお久しぶりです。2010年、はやくもやひと月が過ぎましたね。草食系がもてはやされメガネ男子ブームもいまさら感が否めないなか、今年は一周回ってあえてのシンプル銀縁がはやったりしないかな。

さて、今回はメガネのTPOについてです。

メガネは顔の一部といえど、やはり場所や服装に合わせてある程度の節度は守りたいもの。普段は女子ウケを狙ったオサレ黒縁太めセル、あるいは個性派志向で原色セルや変則メタルテンプル激太、なんて男子もそのまま就職活動用の写真撮ったりはしないでしょう。複数持っているとこういう場合のかけかえがきいて何かと便利ですね。
ただ、男性はわりあいどんな格好でも結構いろんな種類のメガネが馴染むんです。制服やスーツにカジュアルなカラーセルを合わせるのはいまや普通のことになっているし、卒業式や成人式といった式典であっても案外問題なかったりします。問題は女性だ。

100125-1.JPG

ね。こうじゃないですか。紋付袴にセルメガネな新郎はまだいいとして(実際に「結婚しました!」みたいな写真でよく見ますよね)、白無垢文金高島田にメガネの新婦は、ないだろー。メタルフレームでも駄目。女性の着物とメガネはおそろしく食い合わせが悪いんです。同様に、卒業式の袴、成人式の振袖でもメガネは禁じ手、メガネっ娘たちもこの日ばかりはメガネに馴染みすぎて外すとのび太並にアイデンティティを消失する素顔+コンタクトの恥ずか死コンボで式典に臨まざるを得ないのです。着物が普段着だった時代の近視の女性はほんとにどうしてたんだろう。メガネなんてそのころは普及してなかったのかな・・・。ちなみに洋装の結婚式でも、白タキシードにメガネの新郎はアリでも純白ウエディングドレスにメガネの新婦はかなりしんどいと思います。なんなんだろうこの違和感は。

他にもメガネがどうしても馴染まない状況といえば、水着姿かなあと思うんですが。海水浴なんかで裸眼でうろうろするのも危険だけれど、セクシーなビキニ+真っ赤なセルフレームメガネ、なんかだといろいろ台無しな気がするのは私だけでしょうか。女芸人みたいになるような。類似品としてプラグスーツもそんな雰囲気なので、エヴァ破で真希波さんがピンクプラグスーツ+メガネで登場したときはなんだか妙な感慨があったものです。あ、二次元美メガネっ娘ならTPOなんて関係ないのかもしれない・・・。



OMOIDE IN MY HEAD vol.4

今回は高校でぶっちぎりのマイベストメガネ男子だったN君を。

100125-2.JPG

細い四肢にぺったりと薄い体躯、赤みがかったやわらかそうな髪、陶器の如き白肌、憂鬱そうな八の字眉、長い睫毛に縁どられた物憂げな眼差し、それを包む青セルフレームのメガネ。そんな奇跡的男子を目撃したのは高校1年の文化祭、将棋部の会場でありました。しかも声は低音、美術クラスで繊細な水彩画を描き、部活ではバイオリンを弾くというなんだかもう至れり尽くせりなメガネくんでした。隣のクラスだったのでしょっちゅう見かけては大騒ぎしていたのもいい思い出です。ただ当時より勉強面にはかなり難ありの人で、地元大学で留年していたらしく。今頃何をしているやら、きっとかわいい森ガールの彼女でもおられることでしょう。

author:モリシ

posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | 矯正視力2.0(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

エッセー音型 vol.6「シックスセンス・ノン・ザ・リッチャー」

第六回です。
シックス・センスじゃなければ、ハーレイ・ジョエル・オスメントでもなウイッシュ!
最近、つまらないジョークが浮かびません。ひぃ、すみません!つまらなくない方はもっと浮かびませんごめんなさい!
ともあれ、これは正月ボケかも知れませんね。(責任転嫁)

さて、和尚が2でお正月です。言ってみればツインドラムの月です。ダブル木魚の爆音系ロック和尚です。
皆様、正月はどう過ごされたでしょうか?
自分は今年、寝正月が出来ませんでした。予定が詰まっていて家にほとんどいなかったように思います。
家に帰れない分、車で音楽を聴くことが多かったです。特に、自分の編集したドライブ向け音楽ベストなど。
ネタが思いつかないので今回は、なんとなく自分の編集CDの作り方でも紹介しようかなと思います。


1.まず、空のCD-Rを用意します。

2.服を脱ぎます。

3.服を着ます。

4.ちょっとだけ、優しいきもちになれます。

5.CD-RをPCにぶちこみます。

6.読み込むまでの時間つぶしにカップラーメンを作る必要はありません。

7.それでもカップラーメンを作ってしまった時は、砂時計をひっくり返しておきましょう。

8.iTunesなりWindows Media Playerなりご贔屓のプレイヤーを起動します。

9.プレイリストへ、テーマに沿って好きな曲を20〜30曲くらいぶちこみます。

10.CDで20曲以上はちょっと多い気がするので、どういう流れにしようかイメージしつつ曲数を絞ってゆきます。

11.15曲くらいまで減らしたところで、最初と最後の曲を決めます。特にお気に入りか有名どころを持って来るとテンションが上がります。

12.それから、4の倍数くらいの曲順に山場となりそうな盛り上がる曲を持ってきて、収録曲を聴きながら、間を曲のテンションの落差が出ないように並べます。

13.ラーメンがのびています。修行が足りませんね。

14.全体の形が揃ったかなと思ったら、曲の終わりと次の曲の始まりの繋がり方に違和感ないか確認して、OKならCDを焼いてみます。ジミヘン的な意味じゃありません。

15.焼き上がりまで時間がかかりますので、こちらに既に焼き上がったものがあります。

16.レッツプレイ。高らかに吠えます。『NO MUSIC,NO LIFE!!!』

17.隣人に「うるさい」と言われます。

18.「ひぃ、ごめんなさい!」

19.編集したCDとのびたラーメンをお詫びに持っていきます。

20.仲良くなります。


こんな感じです。音楽の力を持ってすれば人と人との間が簡単に繋がりますねっ。これを読んだ方は早速、「これはのろいのCDです。このCDを聴いた人は、同じ内容のCDを五枚作ってそれを配り終えない限り、不幸につきまとわれる事になります」的な旨のCDを作って人と繋がってみたらいかがでしょうか。
いずれホントにシックス・センスを持つ人と繋がれる……カモ?

つまらない冗談はさておき、今年も中身のつまらない記事ですが、よろしくお願いしますね。
ではでは、遠く、時の輪の接する処で、また逢いましょう。(BGMはSixpence none the RicherのKiss Meで)

author:ソニドリ

posted by 編集部 at 21:41| Comment(0) | エッセー音型(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

る印良品 6品目「小話福袋―だから中身が残念でも許して笑える―」

Wowee Zowee!読者の皆様、そしてWowee Zowee!編集部の皆様。

明けましておめでとうございます!

いやーあっさりと明けてしまいましたね。
不肖このるしーる。これからもお客様に愛される「る印良品」というブランドを、ひいては『Wowee Zowee!』もより盛り上げて行きたいなと思いますので、皆様何卒宜しくお願い致します!

という大きな事を言ってしまうのも年始の戯言ということでひとつ・・・。


さて、新年一発目という事で、今回は何をお話するかと言いますと

「人との会話」について語ってみようと思います。


かくいう私もあまり人付き合いも上手い方ではなく、わざわざ労力を割いてまでする他人との会話にあまり価値が見出せないでいました。
ですが、ある程度年をとると意識は変化するもので、最近は有識者の方のお話を聴くことや、気になる方とは実際にお会いしてお話したい欲求が凄く強くなってきました。

会話することでお互いの情報を交換するわけなのですが、その時の「価値観」や「視点」や「考え方」などの違いから生み出される衝撃が、最近の僕はとても心地良いと感じます。
自分の考えがいかに狭いものか思い知らされた時の衝撃は、ハンマーで直接脳みそを揺さぶられる様な、もやで曇っていた視界が劇的にクリアになるような、そんな筆舌に尽くしがたい感覚です。

身近な友人達との会話は、気兼ねなく何でも喋ることができる貴重なものですが、やはり「慣れ」てしまいます。以前は全く意識しなかったこの感覚が最近では生まれていて、見知らぬ人との会話する刺激を求めるのです。

自分とは全く違う環境で生きている方と会話をするには、当然何を喋らないといけないか考えなければなりません。その時間はとても緊張しますが、その分とても刺激的でスリリング、得るものはとても大きいです。

このインターネットのおかげで普段は全く縁が無いような魅力的な方々と出会え、そしてコンタクトがとれ、会話ができるとは素晴らしいとは思いませんか。

そんな魅力的な会話なのですが、そこに行き着くまでが私にとってはとても難しいものなのです。

勇気が、圧倒的に勇気が足りません。
こういう時につい考えてしまうこととして「自分はプラスになるので嬉しい」けど「相手は自分と会話することは何かプラスになるのだろうか」とかなんとか考えてしまいます。
まぁこういう事はネガティブな思考以外の何者でもないので、考えるだけ野暮ですし考えないに限るのですが、頭の中が無理矢理遠慮する理由を生成してしまう傾向にあります。
また、私は話下手でもあるので躊躇いに拍車がかかります。

なので今年はたとえ下手でも、たとえ嫌われてしまっても、色んな方々と会話を積極的に行っていきたいなと思うのです。


改めてインターネットのおかげで、普段触れ合えないような方々と出会う事ができた事やこういった意見を書ける場があることに感謝しつつ、今回は終わりにしようと思います。ありがとうございました。

それでは、以上で今回の営業を終了させて頂こうと思います。
 

author:るしーる

posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

自分は飛べない鳥だなんて一度も思ったことがなかった

前回に引き続き、この10年を振り返る。
今回は2000年。いわゆる「ゼロ年代」の始まり。憂鬱な少年14歳。一生の友人を手にし、年上に恋をしながら同級生との恋愛ごっこに身を投じたあの年。
この年に人間・みかんぱの素地が出来上がったような気がしないでもない。
自分を形作る一つの要素である「まじめにふざける」ことの原流はこの年にあって、インターネットなんて代物にはまだまだ縁遠かった田舎の少年だった彼は、お手製ラジオ番組をカセットテープ(!)に録音し、放送するというDIYな遊びに身を投じ、周囲を巻き込み居場所を作っていった。
そこに「居場所はつくるものだ」思想の原点があることは間違いないだろう。しかし、それは自然発生的に生じたのではなく、それを激しく後押ししたものがそこにはあった。


新時代の到来を機に、社会的な共通規範の概念はいよいよ崩壊し、翌年以降、明確にポップミュージックの世界にもその影響が表れ始めるわけだが、この年はその最後のあがきともいえる、狂乱の時代にさよならを告げるかのようなビッグバラードの気持ち悪いヒットが多々あったわけだ。
そこでもともとラジオ少年だった彼は徐々にコミットできなくなりつつあった世界から逃亡するように、スピーカーの向こう側へと耳をそばだてた。
だが、当然のようにそこにも自分の聴きたい音楽や聴きたい話はなかった。だから、自分で居場所を作ったのだ。

海の向こうでは、名もなき少年にささげられた孤高の世界が広がっていたが、彼はまだゆずに共感していた。彼らの『トビラ』はその後の名作へと繋がる非常に意味のある作品だったと思っている。
そして、『図鑑』が出たのがこの年。結果的にロキノンを代表とするメディアの洗礼を受けることなく育った彼が即座に共振することはなかったが、少年は、年が明けてすぐにそのバンドが作り出した一生の名曲と出会うことになる。
そして、そのあらゆる感情がごちゃまぜになることへの憧憬を手にした彼はロックの復権を声高に宣言する連中にフラストレーションのはけ口を求めるようになり、いよいよ文字通り世界との対面を果たす。
人間としての素地が出来上がり、いよいよ長い時間をかけて嗜好の変化を遂げていくことになる、幸福な音楽との旅がスタートするのである。
 
飛べない鳥 / ゆず


次回は2001年。

author:みかんぱ


posted by 編集部 at 21:27| Comment(0) | あの1枚、この1節 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

Editor's Note 2010.1

もうこんなタイミングかつ今号もスタートが遅れるなか恐縮ではございますが、あけましたね。今年もよろしくお願いします。

今回は休日の話をひとつ。

極度の出不精な僕にも数少ない休みに「ちょっと足をのばして…」なんて思わせるくらいに今住んでいるところは、まあ交通の便がやはり地方都市のそれとは比べ物にならない。
おかげさまで休みらしい休みを過ごさせていただくことが多くなった。いつも一人だけど。まあ家で仕事をしていることの方が圧倒的だが…。

さて、今までの自分の人生を振り返ってみると、その時々の自分の周囲の景色や空気を愛でることに心血を注いでいたような気がする。
そこには「居場所はあるが、帰る場所がない」というどこか屈折した感情が下地としてあったはずだが、そこから考えるに、この街への愛着のなさは一体何なんだろうな、と。

というわけで、この街を愛でることにしたのがつい先日のこと。
その道しるべとなるのは、やはり、当たり前だが「すき」なのだ。

思えば、遠くへと歩みを進めようが、近場へと赴こうが、
いつだって僕を導いてきたものは「すき」だった。

我々はどうしても、「きらい」でつながろうとする側面がある。
「きらい」は便利な代物だ。だがやはり、醜く、不必要に鋭利だ。

それを全否定はもちろんしない。
アクセントとして自在に使いこなせるくらいハッピーな自分と世の中であればいいと思う。

そのためには、まずは臆面もなく「すき」を発信しよう。
内輪でもにょもにょやるんじゃ意味がない。全く異なるように見えるものでも、「すき」その1点だけで結ばれていきたい。

2010年もこれにこだわっていきたい。
じゃないと、何もかもダメになっちゃいそうだ。
ビコーズ、アイラヴユー2010である。
 
posted by 編集部 at 01:30| Comment(0) | Editor's Note | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

エッセー音型 vol.5「DAIGO」

第五回です。
でっかい誤解でもなければ「ウィッシュ」言ってるタレント兼ミュージシャンのアノ人が登場する回でもなウイッシュ!

さて、街中では「うぃーうぃっしゅゆーあめりくりすます」が流れたり、山下達郎の名曲が流れたり、CMではその奥さんの曲なんかがチキンだか七面鳥の葬送行進曲として流れています。やっぱり騒がしさと穏やかさと、どことなく終わりのようなものを感じて、胸の一部が切なくなる気持ちになる、そんなクリスマスソングたち。
自分だったら、やはり欧米の人たちが家の中で家族や友人と聴いてそうな、少しだけ神聖で、少しだけ高揚感があって、少しだけ距離の近さを感じるようなクリスマスソングが好きです。
というわけで今回は趣を変え、個人的にオススメのクリスマスソングを紹介しようかと思います。

やはり、一曲目におすすめしてしまうのはJohn Lennon & Yoko Onoの名曲「Happy Chritmas(War is Over)」
独特の包容力とか優しさを持った曲です。コーラスも壮大でゴスペル的ではありますが人の手触りや温かみがあって、やはり聴き手の傍に寄り添うような曲だと思います。

次におすすめするのがThe Beach Boysの発表したクリスマスアルバムから「We Three Kings of Orient Are」
この曲は賛美歌の定番曲で、キリスト降誕の際あらわれた東方の三賢者に関する歌だそうです。ちょうどこのクリスマスアルバムの制作された時期がThe Beach Boysにとっての転換期にあたる感じで、前半と後半でかなり趣の違うアルバムなんですが、こちらが収録された後半はセッションミュージシャンを多数呼び音楽的な広がりが生まれています。その広がりとビーチボーイズらしい美しいコーラスワークが、とてもよくはまっていて、聴いてて惚れ惚れするような内容です。「We Three Kings〜」から楽しげなクリスマス定番曲「サンタが街にやってくる」へ繋がっていく曲の流れも実に素敵です。というわけで、このアルバムはアルバム全体でおすすめだったりします。

続きまして賛美歌の流れではムーディ・ブルースの「What Child is This」なんかも素敵な曲です。この曲はグリーンスリーブスでもある曲なのですが、賛美歌用に歌詞が変えられている曲です。ただ、こちらは今だと手に入りにくい気もします。
なので、個人的には原曲が同じであるスフィアン・スティーブンスの「What Child is This Anyway」をおすすめしたくなります。こちらは今まで挙げたのとは違い、かなり最近の曲になりますが、その分手に入りやすいのではないかと。この人のクリスマスアルバムは5枚組42曲約3000円というヘンテコかつ手抜き無しの素敵なアルバムなので、レコード店などで見つけたら激しくマストバイを推奨しています。

というわけで、クリスマスソングの中でも、とりわけ人間っぽい体温を個人的に感じる曲を紹介してきましたが、クリスマスに感じたり求めるものというのは当然住む地域によって違えば、過ごしかたによっても大きく変わってくると思います。ただ、そんな中で少しでも読んだ方のおもう「クリスマス」を過ごせる手助けが出来たらな、という今回の更新でした。

自分ですか。一人で過ごしますよほっといてくださいよもう!……とまあ、今回挙げたのは一人で過ごすクリスマスにもあったかい曲ばかりだと思うので、これを聴きながらまったりとした気持ちで新年を迎えずに過ごせればいいなと思います。

ではでは、遠く、時の輪の接する処で、また逢いましょう。(BGMはDaftpunkのDiscoveryで)

author:ソニドリ


 
posted by 編集部 at 23:55| Comment(0) | エッセー音型(1期のみ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

る印良品 5品目「剣と鎧と弓と斧と:協力しKnight!」

(深々と礼
では、「る印良品」5回目の営業となります。
今回は久しぶりに「The Lord of the Rings」に触れて感じた事などをつらつらと書かせて頂きましょう。


さて
映画化されかなり話題にもなったのでご存知の方も多いとは思いますが
「The Lord of the
Rings」というのは邦題を「指輪物語」とする、今から50年前にイギリスのJ・R・R・トールキンによって執筆された、ファンタジー小説です。
人間の他にホビットやエルフ、ドワーフなどの種族や、ゴブリンやオークなどのモンスター、伝説の武器や魔法など、現代のファンタジーに多大な影響を与えた作品です。
まぁ僕も映画とゲーム程度の知識ぐらいであまり詳しくは話せるわけではないので、説明はこの程度にさせて頂きます。

まぁ一言で言えばこういった世界が好きなのですよね。
世界観が凝ってて、世界地図なんか当たり前で、それぞれの地方の特色や独特の訛りとかあったりなんかして・・・。
その世界の空気の匂いさえ感じられそうなほど、思いっき作りこまれたファンタジーな世界観には魅せられますね。

あとはやはり剣と魔法の世界といったら「戦闘」ですよ!
魔法使いはいるといっても限られているので、当然戦闘の殆どは肉弾戦になるわけですよ。
現在の戦争は銃が中心ですが、この世界にはそんな便利なものはありません。
メインはもちろん剣・斧・槍・弓など。そして身に付けるは盾・鎧・兜・小手など。
移動は二本の足か馬か何かの動物だと相場は決まっております。


「相手の剣を避けて、こちらの剣を相手の胴体に叩きつける
だが相手はウルクハイという屈強な肉体を持つ種族、その程度では倒れない
相手の剣は重い、剣戟を受けた盾が吹き飛ぶ
盾が無くなって痺れた片手を、もう片方の手で持っていた剣に添え、無理やり握る
両手で持って剣を引きずりながら突撃
相手の剣戟をぎりぎりで避け、そのまま相手の顔めがけて振り上げる・・・」


上記の文章は僕が今勝手に考えたのですが、こういった血生臭く重い戦いが繰り広げられるわけですよ。
そんなに暴力が好きなわけではないのですが、こういった命の懸かった戦いというものは、こう胸が熱くなってしまいますね。

様々な種族。様々な武器。様々な戦局。
物語ももちろん面白いのですが、こういった要素が魅力的ですね。


基本的には正義が悪を倒すという勧善懲悪なお話なのですけども、敵の強大さが凄いので、最終的にはどうにか辛勝という形で終わっています。こういったのも大事です。
「勇気を持って仲間と協力すればどんな困難にも打ち勝てる」ということを、キャラクター達は身をもって僕達に教えてくれました。


いやはや(死語
つい熱くなってしまったせいで、興味が無い方にはとても滑稽でつまらないお話になってしまったかもしれませんね。
というわけで、今回はこの辺りで終了させて頂きます。

お前の隣で死ぬなら悪く無い「る印良品」でした。
posted by 編集部 at 23:00| Comment(0) | る印良品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。